分散効果も照り感UPもこれ1つ!UNet XD-21のご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

調味料開発の課題とは

冷凍ソースの品質改良のご提案

 炒めものやサラダ、揚げ物の味付けなど幅広い食品に使用されている調味料。最近では、巣ごもり消費による家庭での調理機会の増加や、テイクアウト向け需要の高まりが続いており、開発者の皆様もこれまで以上の工夫をしながら商品開発に取り組まれているのではないでしょうか。
 一方で、こんなお悩みありませんか。

・パセリなどを分散させた華やかな調味料を開発したいが、実際にラインに落とし込んでみると、充填の工程で固形分が分散せず製品の品質が安定しない…。
分散の懸念があるため、固形分を配合した商品が作れない…。
・食シーンの多様化に伴って、時間が経っても絡みがよい・染み込まないなどといった「機能性」を求められるが、どうしたら機能性を付与できるか分からない…。

そのようなお悩みを弊社製剤UNet XD-21で解決しませんか。

UNet XD-21の効果

UNet XD-21とは

 UNet XD-21は複数の増粘多糖類を組み合わせた安定剤製剤です。その効果は1つではなく、使い方によって効果が変わるお役立ち製剤なのです。

効果その1~分散~

充填タンク内での分散のイメージ(左が分散剤なし、右が分散剤あり)

 調味料を容器充填する際、こしょうやゴマなど固形分の分散に悩まされていませんか。
 充填の際にタンク内で固形分が沈殿してしまうと、はじめの方に充填した製品には固形分が多くなり、最後の方に充填したものには固形分が少なくなることがあります。時にはタンクが詰まる原因にもなりかねません。UNet XD-21を配合すれば、高温時にもタンク内で固形物を分散させ安定的に製品を製造することができます。

効果その2~タレの付着性の向上~

タレの付着性向上(左が無添加区、右がUNet XD-21 0.3%添加区)※焼成前塗布

 開発したタレをいざ使用してみると、経時的に、または高温で焼成すると垂れてしまうという課題ありませんか。
 タレが落ちてしまうと、せっかくの美味しさが半減、見た目の魅力も落ちてしまいます。しかし、垂れないようにとむやみにデンプンなどで粘度を上げては、食感が悪くなってしまいます。UNet XD-21を配合すれば、食感を損なうことなく焼き鳥や魚への付着性抜群で照り感をアップさせるタレが作れます。

実際の導入事例(分散)

 UNet XD-21を用いた実際の分散の様子がこちらです。
 左の写真が胡椒入りドレッシングです。左の瓶が無添加区で、右がUNet XD-21 0.6%添加区です。胡椒がよく分散しているのがわかります。(条件 Bx:23, pH:3.3, 塩分 10%)
 右の写真が5 mm角パプリカを90℃で充填し、一晩室温で静置した後の様子です。大きな具材も分散できることがわかります。(条件 pH:2.7, 塩分 5%)

 このようにUNet XD-21は耐酸性・耐塩性・耐熱性があるのであらゆる製品で使用することができ、調味料開発の幅を広げることができます。上記以外でも、お困りのことございましたらぜひお問い合わせください。

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

ライ麦、全粒粉、低糖質といった健康志向のパンの「ボリューム」課題を解決する増粘多糖類をご紹介します。

本コラムでは、パン生地に乳化剤様のふんわり感やしっとり感、キメ細かさを付与しつつ、さらに経時的なパサつきを抑制できる増粘多糖類について、実例を交えながらご紹介します。

昨今では食シーンの多様化から、様々なドレッシングが開発されています。ドレッシングが多様化する中、他商品との差別化に役立つドレッシングの種類を紹介します。

テイクアウトやデリバリー商品の増加に伴って外食産業でも経時的な物性維持が課題になっているようです。食品でもっともよく求められる機能性の一つ「離水防止」を例に、調味料に機能性を付与することができる製剤をご紹介します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説