冷凍魚卵の離水をとめる~白キクラゲ抽出物の効果検証~

このエントリーをはてなブックマークに追加

解凍した魚卵から離水が生じ重量が減ってしまうというご相談をよく受けるようになりました。多くの海産物が値上がりしていくなか、いかにして歩留まりをあげるかは重要な開発テーマとなっているのではないでしょうか。また離水によって旨味の流出や生臭さにつながるため商品価値の維持という点からも離水のコントロールは重要なテーマです。

海産物(魚卵)の離水抑制という難しいテーマに対して取り組んだ事例をご紹介します。
今回利用する多糖類は(1)保水性が高いこと(2)冷凍耐性があること(3)ねとつきが少なく食感に影響を与えないことから白キクラゲ抽出物「トレメルガム」を選びました。目的は、解凍後の離水抑制・歩留まり向上と食感改良です

試験方法

醤油、みりん、塩、グラニュー糖、トレメルガム製剤でつくったタレにイクラ漬け込み、急速冷凍しました。コントロールとしてトレメルガム製剤を配合していないタレでも同様に試験しました。

測定項目

初期重量、浸漬後重量、解凍後重量と解凍後の粒の張り(テクスチャーアナライザーによる破断強度を測定)を測定しました。

結果

浸漬前後のいくら重量を比較すると、調味液にトレメルガム製剤を配合することで歩留まりが向上することがわかりました(図1)。また、解凍後の継時変化でも離水の抑制を確認することができました(図2)。
さらに、テクスチャーアナライザーによる食感を比較したところトレメルガム製剤を配合することで粒の張りが保たれていることが分かりました。

図1 いくら歩留まり向上
図2 解凍後のいくら重量変化
バラ子の結着

イクラ同様にたらこのバラ子でも検証を行いました。トレメルガム製剤配合区とデキストリン配合区を比べたところ、トレメルガム製剤配合区では離水が抑制され結着性が優れている結果となりました(写真)。

魚卵のような冷凍流通される商品の離水や食感に課題がある際は白キクラゲ抽出物「トレメルガム」をお試しください。

※今回の検証で利用したトレメルガム製剤は、ユニテックフーズが開発したトレメルガム入りの独自製剤です。使用量等の詳細はお問い合わせください。

ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

白キクラゲから抽出した「トレメルガム」は様々な加工食品で利用されています。今回は「パン・ケーキ×保水性・食感改良」での利用についてご紹介します。

今回は、ゲル化剤・増粘剤に関する基礎知識・使用用途について解説します。また、使用実例として、デパ地下商品開発の実例を挙げ、商品開発時のヒントも導き出します。

食品の品質改良剤として期待されている新規多糖類:白キクラゲ抽出物「トレメルガム」。今回は「乳製品×冷凍解凍耐性向上・離水抑制」での利用についてご紹介します。

2週目となる今回も、消費者の相反する欲求を融合させた3つの事例をご紹介します。大ヒット商品、ロングセラー商品を生むヒントにしていただければ幸いです。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    2018.08.10 ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    2018.08.10 白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    2018.06.29 調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    2018.06.29 介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5

    2018.08.10 食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造