コラーゲンの基礎知識を解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

美容素材として知られるコラーゲンですが、最近はスポーツニュートリション分野やロコモ分野などでも注目を集めています。本コラムでは、コラーゲンの人体での役割や由来原料などの基礎知識から、特殊なアミノ酸配列と人体における機能まで広く解説します。

コラーゲンとは~人体におけるコラーゲンの役割

 コラーゲンは3重らせん構造をとるたんぱく質の一種で、人体のたんぱく質の約1/3を占めています。体内ではこれが繊維状たんぱく質として存在しており、様々な身体構造を構成しています。例えば皮膚では真皮にネットワーク状に存在しており、皮膚の弾力性に寄与しています。また、軟骨にも多く存在しており、骨と骨との接点を覆うことで摩擦や衝撃から骨を保護しています。部位別の構成比を細かく見てみると、腱の85%、靭帯の70%、関節軟骨の70%と、肌以外の部位でもコラーゲンの構成比は大きく、体全体の構造に不可欠な要素であることがよくわかります。

製造方法から分かるコラーゲンペプチド、ゼラチンとの違い

 コラーゲンの由来原料は主に豚皮・牛骨・魚皮で、これら原料からコラーゲンは抽出されます。コラーゲンを使用した製品で良く課題にあがる畜臭や魚臭は、これら原料に由来するものです。そのためメーカーはろ過の方法を工夫したりたんぱく含量など成分の調整を行ったりして、においを抑えています。
 コラーゲンとゼラチンの違い、コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いは何でしょうか。コラーゲンもゼラチンも実は原料・アミノ酸組成は同一で、構造が異なっています。製造過程において、まず3重らせん構造を持つ“コラーゲン”(画像上)が原料から抽出されます。この状態では分子鎖が大きく不溶性です。それを変性処理して短い1本鎖にしたのが“ゼラチン”(画像中)です。これをさらに加水分解・酵素分解して断片化したのが“コラーゲンペプチド”(画像下)で、分子鎖がとても短いため水に容易に溶解します。一般的にコラーゲンと呼ばれ流通している物質はこのコラーゲンペプチドを指します。

人体におけるコラーゲンの機能

特殊なアミノ酸配列と体内での輸送について

 コラーゲンのアミノ酸配列は特殊で、アミノ酸組成はグリシンが最も多く約1/3を占め、Gly-X-Yのような他アミノ酸との繰り返し配列になっています。グリシン以外にはプロリン、ヒドロキシプロリン、アラニンが多くを占めており、それらが3重らせん構造を形成し、繊維状のたんぱく質となっています。摂取したコラーゲンは完全なアミノ酸に分解されず、特徴的なペプチドの状態で体内に吸収され、肌や骨、筋肉などコラーゲンが局在する箇所に輸送されることが分かっています。

摂取した際に期待される効果

 コラーゲンにはⅠ型やⅡ型といった種類があり、体内で局在する部位や機能が異なってきます。一般的に流通している多くのコラーゲンはⅠ型で、皮膚に多く存在しています。コラーゲン=肌にいい、という代表的なイメージがあると思いますが、実際にコラーゲンは真皮にネットワーク構造を形成しており、皮膚の弾力性やハリに大きく寄与しています。加齢に伴いこのネットワーク構造が壊れてくると、表皮を支えられなくなって陥没し、シワとして現れます。(画像)また筋肉にも存在することが知られているコラーゲンは、運動後の筋疲労回復や、筋損傷の回復にも寄与するという報告があります。
 一方、流通量の多くないⅡ型コラーゲンは、軟骨に多く存在するコラーゲンです。最近はⅡ型コラーゲンに関する研究も多く、ロコモ対策、フレイル対策としてコラーゲンが注目されています。

風味・溶解性良好なコラーゲン

Castelo-Branco C. et al., Maturitas (1994) 18:199-206. ■のプロットは 肌コラーゲン量の変化を示す

 コラーゲンは体を支える上で重要なたんぱく質であることが分かりました。しかしコラーゲンは20~30歳をピークとして、加齢とともに減少します。そのため、日々の食事やサプリメントなどでコラーゲンペプチドを効果的に摂取することが重要です。そこでコラーゲンペプチドを使った製品で課題になるのが、特有のにおいや食品・飲料品への溶解性です。弊社の取り扱うルスロ社のコラーゲンブランドPeptan®は風味・溶解性が良好であるため、食品類に好適です。ぜひ一度お手に取ってみてください。サンプル依頼は以下から受け付けております。

食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

無料!

今注目を集めている食品トレンド情報や
食品開発に関する資料を
無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

今すぐダウンロード

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

今アメリカではキノコがもつ抗酸化作用や免疫力を高める作用について注目が高まっています。海外で販売されている食用キノコおよび薬用キノコの加工食品をご紹介します。

海産魚由来のコラーゲンペプチドをSDGsの観点から解説します。

SDGsの観点から食肉消費を減らそうとする動きがある中、動物性素材のコラーゲンに求められるものとは…。

コラーゲンのアミノ酸スコアはゼロ?!本コラムでは、食品中のたんぱく質の栄養価を示す指標「アミノ酸スコア」を解説します。併せてコラーゲンを摂取することのメリットについて深堀りしていきます。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • コラーゲンの基礎知識

    コラーゲンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説