スムージー市販品調査レポート 2019春

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2次スムージーブームと呼ばれるほど好調なスムージー市場。富士経済の報告によると2018年の市場規模は前年比122.4%の360億円にまで成長しており、2019年には410億円に達すると予想されています。今回の調査では主に「物性」に着目し、スムージーと呼ばれる飲料の特徴や前年との比較から2019年春のスムージー市販品の特徴をまとめました。(調査時期:2019年4月 市販品購入場所:都内のスーパー、コンビニ、ドラックストア)

調査内容

スーパーやコンビニなどで手軽に買える市販品を一斉に調査しました。対象商品として「スムージー」とパッケージに謳われているものはもちろん、スムージー様の商品も含めて購入・分析しています。各商品について商品名、メーカー、内容量、価格、原材料、pH・Brix、粘度の調査と官能評価をおこないました。2018年の調査では18商品、2019年は30商品を調べています。

2019年は高粘度・高単価傾向!?スムージー戦国時代へ突入

まず2018年の調査時に比べてスムージー系の商品が増えている印象を受けました。実際に商品名に「スムージー」と明記されたものが増えており、今回の調査で購入した30品のうち7割の商品に「スムージー」や「Smoothie」と記載されていました。(ちなみに2018年の調査では6割程度でした。)2018年は全体的に「Green smoothie」の表記が多くグリーンで健康的な印象を受けましたが、今回は乳酸菌やチアシード、ジュレ飲料など原料や形態で差別化を図っているものが増えていました。
物性面では100mPa・sec以上の比較的高い粘度の商品が30品中11品と昨年に比べ増えている傾向にあります(昨年は18品中3品)。もったりとした重めの飲み口がトレンドなのでしょうか。また100mlあたりの平均価格は71.1円と昨年の64円からやや上昇しています。消費者物価指数が上昇しているのでスムージー市場に限ったことではないかもしれませんが、多少価格が高くとも受け入れられているようです。

「スムージー」と名の付く商品の共通点

今回の調査ではスムージーと明記されたものが増えている傾向にありましたが、「スムージー」の表記有り無しの商品を比べることで「スムージーとは何か」を探ってみたいと思います。
まずBrixやpHについて調べてみました。スムージーという表記がある群の方がややBrixが高い(≒濃い)ようにも見えますがあまり違いはないようです。
次にざらつき(繊維感)ともったり感(濃厚感)について官能評価を実施しました。ざらつきについてはあまり変わりないですが、もったり感についてはスムージーと銘打った商品のほうが強い傾向にありました。粘度測定の結果を見ても同様の傾向にあることから、やはりスムージーといえばもったり重めという商品設計になるようです。

最後に内容量と販売価格の関係性について調べてみました。スムージー表記された商品は内容量200ml前後かつ販売価格150円~200円に密集しています。100ml単価では50円~100円の価格帯になります。容量や価格についてはまとまりがあるなか粘度にばらつきがあることから、食感や成分などで差別化を図っていることが推察されます。

まとめ

2019年の傾向としてスムージーと名の付く商品や濃厚感をだしている商品が増えている傾向にあります。スムージー市場はまだまだ拡大傾向にあるなか今後は新商品投下や新規参入にあたり「スムージー」と銘打つだけでなく成分や食感で差別化を図った商品が続々と登場すると思われます。

弊社でも食感改良や安定性についてお手伝いしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

オーガニックや植物性が伸びていると言われるヨーロッパのヨーグルト市場について、現地スーパーマーケットの棚を視察し、実際のトレンドを調査しました。

健康志向の高まりとともにアメリカのスーパーマーケットでの販売が増えている、フレッシュな野菜を使ったミールキット(食材セット)をご紹介します。

去る1月11日、近江神宮で開催された「名人戦」で見事に初防衛に成功した粂原圭太郎名人に再びインタビューをお願いし、今後の抱負などをお伺いしました。

訪日客の土産品としてヒットするなど、グミキャンディ市場は好調に推移しているようです。主に「物性」に着目し、2019年の市販品グミの特徴をまとめました。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    2018.08.10 ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    2018.08.10 白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    2018.06.29 調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    2018.06.29 介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5

    2018.08.10 食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造