オンラインで注文、変化するアメリカの「中食」事情

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカでは、レストランやファーストフード店で調理された料理を購入して持ち帰る、あるいは配達してもらう「中食」の需要が拡大しています。一般的にアメリカで中食といえばテイクアウトやデリバリーが主流ですが、近年インターネットとスマートフォンの進歩やデリバリー代行サービスの登場とともに、その様相は大きく変わりつつあります。(調査日:2019年7月)

拡大するオンラインフードデリバリーサービス

これまで、フードデリバリーと言えば、レストランに電話注文をして料理を宅配してもらう形式が主流でしたが、近年スマートフォンの普及によってフードデリバリーの在り方が変化しています。利便性ゆえに特にオンラインフードデリバリーサービスを通じて飲食店から料理を購入する消費者が増加しています。この傾向は特にミレニアル世代で拡大しています。
アメリカの飲食業界全体的の売上のうち、フードデリバリーの売上は3%を占めるにすぎませんが、今後大きく伸びることが予想されています。(※1)しかし、飲食店にとっては新たにデリバリーサービスを開始するのは容易なことではありません。そこで、飲食店と、「グラブハブ(Grubhub)」や「ドアダッシュ(DoorDash)」、「ウーバーイーツ(Uber Eats)」などの外部のオンラインフードデリバリーサービス企業が提携し、消費者のニーズに応える動きが広まっています。
オンラインフードデリバリー業界全体の売上は、直近で180億米ドル(約1.9兆円)となっていますが、2023年までには240億米ドル(約2.6兆円)に達すると見込まれています。(※1)「ウェンディーズ」、「スターバックス」、「タコベル」、「ケンタッキーフライドチキン」など大手全国チェーンも、オンラインフードデリバリーサービス企業との提携を開始しています。アメリカ2,000都市以上でサービスを提供し、10万5千店舗以上の飲食店と提携するオンラインフードデリバリーサービス企業の大手「グラブハブ(Grubhub)」によると、2018年における同社のフード関連総売上は51億米ドル(約5,500億円)で、前年比34%増となっています。(※2)このことからもアメリカでオンラインデリバリーが大きく成長していることが明確です。

スマートフォンから簡単に注文

オンラインフードデリバリーの利用方法はいたって簡単です。

1. ユーザーが、アプリかウェブサイトを通じて料理を注文する
2. 飲食店が注文を受けて調理をする
3. 配達者が飲食店からユーザーに料理を届ける

オンラインフードデリバリーの利用には手数料がかかりますが、消費者はスマートフォンから簡単に注文を済ませ、以前はデリバリーをしていなかった飲食店の料理を自宅や職場で食べることができるようになりました。また、配達状況もリアルタイムで把握できるため、いつ料理が届くのかそわそわする必要もありません。
Morgan Stanleyの調査によるとデリバリーサービス企業のアプリやウェブサイトを通じた注文はデリバリー全体の18%であり16年の調査から3%伸長しました。一方で飲食店へ直接注文する割合は減少しています。またデリバリーサービスを利用した消費者の43%が「外食から移行した」と答えました。こちらの割合も16年調査時の38%から伸長しており、「食」産業全体におけるデリバリーサービスの存在感が強まっている結果となりました。(※3)

テイクアウトはドライブスルーが重要な要素

一方、テイクアウトでは、特にドライブスルーが、アメリカの「中食」事情の重要な要素のひとつです。アメリカの大手ファーストフードチェーンでは、売上の約70%がドライブスルーによる販売となっています。(※4)郊外では、お昼時ともなると、ドライブスルーに多くの車が列をなしているのを目にすることは珍しいことではありません。
大手全国チェーンの中には、テイクアウトの利便性を高めるサービスを開始しているところもあります。例えば、マクドナルドでは「カーブサイド・ピックアップ」というサービスが始まっています。同社の専用アプリで注文と支払いを済ませ、「カーブサイド・ピックアップ」を選択すると、店舗に到着した際に店員が車まで商品を持ってきてくれるというサービスです。このサービスを利用すると、受け取りのために店舗に入ったり、ドライブスルーの列で待ったりする必要がなく、顧客は待ち時間なくテイクアウト商品を受け取ることが可能になっています。
インターネットとスマートフォンを通じて、アメリカの「中食」事情は今後さらにどのように変化していくのでしょうか。

※参考資料
(1)https://www.restaurantdive.com/news/why-the-delivery-market-will-look-different-in-5-years/546936/
(2)https://media.grubhub.com/media/press-releases/press-release-details/2019/Grubhub-Reports-Record-Fourth-Quarter-And-Full-Year-2018-Results/default.aspx
(3)https://www.morganstanley.com/ideas/online-food-delivery-market-expands
(4)https://www.qsrmagazine.com/reports/2018-qsr-drive-thru-study

ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

急速に注目を集める「植物性たんぱく」に関するレポートの2回目は、今後主流になることが予想される「小麦たんぱく」の可能性やメリットなどをご紹介します。

牛・豚・鶏といった本来の肉、つまり「動物性のたんぱく」に替わり、「植物性のたんぱく」が注目されています。その背景や展望等、2回に分けてご紹介します。

10月から消費税が引き上げとなりますが、軽減税率の対象品目は8%のままとなります。すでに軽減税率が導入されている、アメリカの制度についてご紹介します。

近年アメリカでは、手軽にたんぱく質を摂取できるプロテインを配合した食品が増えてきました。実際にスーパーマーケットで販売されている商品を見てみましょう。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    2018.08.10 ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    2018.08.10 白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    2018.06.29 調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    2018.06.29 介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5

    2018.08.10 食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造