新ジャンルのパン製品をピックアップします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

昆虫食で健康にもSDGsにも貢献!

https://daigaku-seeds.com/

 まずご紹介するのが“虫”です。最近は昆虫食という言葉をよく耳にするようになりました。まずは昆虫食のメリットについておさらいしようと思います。1つ目は飼育効率・食糧効率の良さです。牛肉を1 kg増やすのに8~10 kgの餌が必要なのに対し、同量のコオロギは2 kgの餌で飼育可能です。また牛は出荷までに30か月かかるのに対し、コオロギ1週間から10日です。2つ目は環境負荷が少ないという点です。家畜よりも虫の方が少量の水で飼育でき、メタンガスや二酸化炭素などの温室効果ガスの排出がとても少ないという特徴があります。3つ目は栄養素です。重量当たりのタンパク質含有量が牛の約3倍あり、鉄分やビタミン、オメガ3のような栄養成分が豊富です。
 これらの特徴を活かした商品が開発されています。徳島大学発のベンチャー企業(株)大学シーズ研究所は、フタホシコオロギの粉を混ぜ込んだ災害備蓄用パンを開発しています(写真)。1缶あたり30匹分のコオロギが使われており、災害時にも良質なタンパク質を摂取することが可能になっています。

小麦粉以外の原料を用いたグルテンフリーパン

https://www.traderjoes.com/

 また、グルテンフリーとしてカリフラワーやアーモンド、さつまいも、米粉を用いたパンも世界で多く開発されています。Trader Joe’s社(アメリカ)のCAULIFLOWER THINS(写真)は原料の60%以上にカリフラワーを用いたトルティーヤで、小麦は一切使用していません。またGMOフリーでもあり、同社は小麦を用いたパンからの切り替えを提唱しています。
 365 Whole Foods Market社(アメリカ)のAlmond Flour Tortillasはアーモンド粉を原料に用いており、グルテンフリー・GMOフリーのトルティーヤです。さらに冷凍・レンジアップしても美味しく食べられます。
 またJulia’s Table社(アメリカ)のPure Sweet Potato Wrapはさつまいも粉を原料に用いており、こちらもグルテンフリー・GMOフリーを打ち出しています。さらに卵や砂糖、コレステロールも含まれていません。
 以上のように、単純にグルテンフリーなだけではなく、冷凍保存可能やコレステロールフリーなど付加価値のある商品に注目が集まっています。

目新しい原料

 ビーツを練りこんだ真っ赤なパン(写真)が注目されています。その理由は見た目のインパクトだけでなく、カリウムや抗酸化物質、オリゴ糖など体に良い成分が豊富に含まれているからだそうです。
 HOVIS社(イギリス)のGlorious GRAINSは7種の発芽雑穀(ライ麦、小麦、スペルト小麦、オーツ、大麦、そば、テフ)を配合し、さらにビタミンやミネラルを添加した健康訴求のパンです。テフはエチオピアの主食として古来より食べられてきた世界最小の穀物です。アミノ酸やタンパク質、ミネラルが豊富で、海外で人気急上昇中のスーパーフードです。

 取り上げたどの商品も健康訴求をベースにしながら複数の特徴があり、環境負荷の低減や斬新な見た目といった訴求をしていました。今後も様々な訴求点を見つけていきたいと思います。

(参考文献)
・MINTEL , https://clients.mintel.com/, (参照 2020/11/13)

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

コロナ禍の影響から、家庭用のミックス粉やおやつにも変化が見られました。本コラムでは、そのような海外商品をご紹介します。

今年のトレンドスイーツ筆頭の台湾カステラ。人気店「台湾甜商店」さんに商品のヒミツを取材してきました!

いま巷で話題の台湾カステラをご存知ですか?人気店「新カステラ」さんに商品のヒミツを取材しました。

今アメリカではキノコがもつ抗酸化作用や免疫力を高める作用について注目が高まっています。海外で販売されている食用キノコおよび薬用キノコの加工食品をご紹介します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • コラーゲンの基礎知識

    コラーゲンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説