食物繊維の違いはご存じですか?お腹に優しいアカシア食物繊維

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康的な腸内フローラの維持には食事にプレバイオティクスを取り入れるだけでなく、その素材の選択も考慮する必要があります。低FODMAPとFODMAP食品のバランスを取り、腸に優しい食事を意識することが重要です。

ストレスとIBS

情報化社会の急速な進展は人々の生活を便利にする一方で、新たなストレス源となっていることが問題視されています。ストレスが関連した病気は全般的に増加傾向にありますが、そのひとつに「過敏性腸症候群」があります。腹痛と下痢・便秘などの便通異常が慢性的に持続する場合、それが該当しているかも知れません。過敏性腸症候群は、英名をIrritable Bowel Syndromeと呼び、通常は略して「IBS」の呼称で知られています。IBSの予防にはストレスを軽減する工夫も重要ですが、暴飲暴食などの不規則な生活習慣を避け、健康的な腸内環境の維持も意識する必要があります。

プレバイオティクスとFODMAP

人間の腸管の中にはおよそ1000種類以上、約100兆個もの腸内細菌が存在すると言われ、腸内フローラ(腸内細菌叢)を形成しております。腸内フローラは免疫系と密接に関わっていることが明らかになっており、そのバランスを保つには食物繊維などの善玉菌のエサになるプレバイオティクスを意識的に食事に取り入れることが有効です。食物繊維とは小腸で消化されずに大腸に到達する難消化性糖質に分類されるもので、腸内発酵によって排便を促進する役割があります。一方で、食物繊維に分類される素材には大腸で短時間に発酵が進むものがあり、それらは「FODMAP」(Fermentable/発酵性)(Oligo-saccharides/オリゴ糖)(Disaccharides/二糖類)(Monosaccharides/単糖類)(Polyols/ポリオール)とも呼ばれます。急速な腸内発酵は腸内のガス生産や水の貯蔵が亢進されて、それが便秘、下痢、腹部膨満などのIBS症状を引き起こすことがあります。

アカシア食物繊維とは

アカシア食物繊維とは、野生種のアカシアの樹液を精製粉末化した水溶性の食物繊維で、基原原料は「Gum Arabic」として知られています。食経験の起源は大変古く、紀元前2000以上前の古代エジプト時代に遡ります。精製は極めてシンプルで、水に溶かして異物除去をし、加熱殺菌を経てスプレー乾燥するのが基本工程になります。分子結合を変える化学的な工程を経ない為、その大きな分子量を維持しています。また、野生種である為、農薬の使用や遺伝子組み換えがなく、アレルギー物質を含みません。

アカシア食物繊維はなぜお腹に優しいのか

上記のグラフは、2種のプレバイオティクスを摂取した場合の腸内発酵をグラフ化したシミュレーター試験です。上行結腸から下行結腸にかけて、青が発酵が行われていない残存するプレバイオティクスを指します。アカシア食物繊維は上行~下行結腸にかけて緩やかにプロバイオティクスが働く(つまり青の部分が段階的に減っている)のに対し、フラクトオリゴ糖は上行結腸で急速に発酵が進み、横行~下行結腸にほとんどプレバイオティクス(青の部分)が残存していないことが分かります。この違いはそれぞれの分子量に大きく関わっております。オリゴ糖の分子量は300~3000程度の範囲であるのに対し、アカシア食物繊維は380,000~850,000の大きな分子量を有します。アカシア食物繊維はその大きな分子量を有するため腸内で急速に発酵できず、緩やかに発酵が進む低FODMAPのお腹に優しいプレバイオティクスであることが分かります。

参考文献
1) 日消誌 2020: 117: 840-855
2) Kathleen Terpend.”Arabinogalactan and fructo-olicosaccharides have a different fermentation profile
in the Simulator of the human intestinal microbial ecosystem(SHIMEⓇ).” Environ Microbiol Rep.2013
3) 順天堂スポーツ健康科学研究 第2巻第4号(通巻58号), 129~138 (2011)
4) Eqbal Dauqan, Aminah Abdullah. “UTILIZATION OF GUM ARABIC FOR INDUSTRIES AND HUMAN HEALTH.” American Journal of Applied Sciences 10(10):1270-1279,2013

食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

無料!

今注目を集めている食品トレンド情報や
食品開発に関する資料を
無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

無料提供資料

今すぐダウンロード

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

代替たんぱく質を作り出す手段として海外で注目が集まっている「精密発酵」について解説するとともに、海外の市販品をご紹介します。

「Natural Products Expo West」で発表されたトレンドと、アメリカのナチュラル、オーガニック業界の最新商品をご紹介します。

世界的に注目される植物性飲料・デザートのトレンドを地域ごとにまとめました。

プラントベース専門店特集第2弾として、株式会社TWOが運営するプラントベースフードブランド『2foods』さんを取材しました。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • ペクチンとは~徹底解説!構造や種類・ゲル化の仕組み

    ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • 白キクラゲ多糖~概要や効果・食品応用例など徹底解説

    白キクラゲ多糖の概要から効果まで徹底解説

  • 「とろとろ」「ぷるぷる」美味しさを引き出す ゲル化剤・増粘剤

    「とろとろ」「ぷるぷる」美味しさを引き出す ゲル化剤・増粘剤

  • アルギン酸とは~構造や製造工程、効果を徹底解説

    アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • アップサイクル食品とは?

    廃棄寸前食材を活用!サステナブルな社会の実現を目指す「アップサイクル食品」

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

    キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

    カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

    ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

    メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

    ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • コラーゲンとは~基礎から徹底解説

    コラーゲンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

    アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

    ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

    アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説

    寒天とは~基礎から徹底解説

  • グルコマンナンとは~基礎から徹底解説

    グルコマンナンとは~基礎から徹底解説