甘味料・アスパルテームの発がん性報道の内容をチェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年7月14日、世界保健機関(WHO)の専門機関である国際がん研究機関 (IARC)は、甘味料として使用されているアスパルテームの発がん性をグループ2Bに分類するという内容を公表しました。様々なニュースで報道されていますが、この内容をどのように解釈したらよいのでしょうか。アスパルテームが今後食品で使用できなくなったりするのでしょうか?解説していきます。

IARCの発がん性グループの意味

IARCでは、化学物質や微生物や特定の行為などについて、ヒトに対する発がんの原因となり得るかどうかの根拠の強さを示すものとして、発がん性グループを公表しています。そのためこの分類は、各要因の発がん性の強さを示したり、がんが発生する可能性の大きさを示したりするものではないことを注意する必要があります。
IARCは、ヒトの疫学研究、ラットなどの動物試験、発がん性物質の特性試験などを基に、ヒトに対する発がん性の根拠の強さに応じて4段階(1、2A、2B、3)に分類しています(表1)。アスパルテームは「ヒトに対して発がん性がある可能性がある」グループ2Bに、今回分類されました。グループ2Bの発がん性の根拠を示す程度としては、以下のうち1つに該当する場合になります1)。
・ヒトにおいて「発がん性の限定的な証拠」がある
・実験動物において「発がん性の十分な根拠」がある
・発がん性物質としての主要な特性を示す有力な証拠がある


出典 : 内閣府 食品安全委員会, アスパルテームに関するQ&A

アスパルテームと同じグループ2Bに分類されるもの

 アスパルテームと同じグループ2Bに分類されているものとして、様々な化学物質、混合物、そして特定の環境下が挙げられています。アセトアルデヒド、コーヒー酸、鉛といった化学物質、ガソリンやアジア式の漬物といった混合物、印刷作業やドライクリーニング作業に従事といったことが挙げられます 2)。
 他のグループに分類さるものとしては、グループ2Aではアクリルアミド、ジメチル硫酸、赤肉、紫外線A、夜勤などが挙げられ、グルーブ1ではヒ素、アルコール飲料、喫煙などが挙げられています。

今後の動向

発がん性との因果関係の科学的根拠の強さの判定により、IARCによりアスパルテームはグループ2Bに分類されましたが、同時にFAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)によって、実際に摂取した際の健康への影響評価も行われました。その評価では、従来のアスパルテームの許容一日摂取量(ADI):40mg/kg 体重/日 を変更する理由はなく、このADIが適切としております (ADI : ヒトが一生涯にわたって毎日摂取し続けても、健康への悪影響がないと考えられる1日当たりの物質の摂取量)。令和4年度厚生労働科学研究費補助金に基づく研究によると、日本人の1日当たりのアスパルテームの摂取量は、ADI比で0.3%とされています3)。そのため、具体的な危害の発生は考えにくい状況です。一方で、今回の内容が様々報道されたことで、アスパルテームの表示が消費者心理にネガティブな作用することが考えられます。そのため、食品企業としては冷静にリスクを説明することが求められます。

まとめ

甘味料・アスパルテームの発がん性報道の内容を見てきました。発表内容を冷静に精査することと、それを丁寧に消費者に伝えることが求められます。また国際機関による、安全性などの情報は定期的に更新されますので、引き続き追っていくことが求められます。

参考文献
1) 内閣府 食品安全委員会, アスパルテームに関するQ&A, https://www.fsc.go.jp/foodsafetyinfo_map/aspartame.html#a1-3
2) IARC MONOGRAPHS ON THE IDENTIFICATION OF CARCINOGENIC HAZARDS TO HUMANS, List of Classifications Agents classified by the IARC Monographs, Volumes 1–134 , https://monographs.iarc.who.int/agents-classified-by-the-iarc/
3) 生産量統計調査を基にした食品添加物摂取量の推定に関わる研究 その 1 指定添加物品目, 多田 敦子他, https://mhlw-grants.niph.go.jp/system/files/report_pdf/202224027A-sonota1.pdf

 

食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

無料!

今注目を集めている食品トレンド情報や
食品開発に関する資料を
無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

無料提供資料

今すぐダウンロード

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは~徹底解説!構造や種類・ゲル化の仕組み

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • ペクチンとは~徹底解説!構造や種類・ゲル化の仕組み

    ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • 白キクラゲ多糖~概要や効果・食品応用例など徹底解説

    シロキクラゲ多糖の概要から効果まで徹底解説

  • 「とろとろ」「ぷるぷる」美味しさを引き出す ゲル化剤・増粘剤

    ゲル化剤・増粘剤とは?種類や用途・利用事例をご紹介

  • アルギン酸とは~構造や製造工程、効果を徹底解説

    アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • アップサイクル食品とは?

    廃棄寸前食材を活用!サステナブルな社会の実現を目指す「アップサイクル食品」

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

    キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

    カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

    ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

    メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

    ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • コラーゲンとは~基礎から徹底解説

    コラーゲンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

    アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

    ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

    アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説

    寒天とは~基礎から徹底解説

  • グルコマンナンとは~基礎から徹底解説

    グルコマンナンとは~基礎から徹底解説