アメリカ食産業の脱プラスチック化

このエントリーをはてなブックマークに追加

日常生活に欠かせない便利なプラスチックですが、リサイクルされないプラスチックは地球上のどこかでゴミとして蓄積されてしまっています。アメリカ環境保護庁によると、アメリカにおける2017年のプラスチック全体のリサイクル率は8.4%でした。(※1)アメリカ全体で見ると脱プラスチック対策はまだまだ発展途上の段階ですが、積極的に脱プラスチック化の取り組みを実施している州や自治体、企業も多くあります。今回はアメリカの州や自治体による脱プラスチック対策と、食関連企業の取り組みについてお届けします。
(調査日:2020年8月)

積極的に脱プラスチック化に取り組むカリフォルニア州

カリフォルニア州サンフランシスコ市は、2007年にプラスチック製使い捨てレジ袋の提供をアメリカで初めて禁止しました。現在、州単位ではカリフォルニア州やニューヨーク州を含む8州が、使い捨てレジ袋を廃止している、あるいは廃止を予定しています。
また、ワシントン州シアトル市は、2008年に飲食店でのプラスチック製ストローやスプーン、フォークなどの提供を禁止しました。州単位ではカリフォルニア州が初めて2019年に施行しています。
そして2019年8月からは、サンフランシスコ国際空港で、1リットル以下のペットボトル入りの水が販売不可となっています。これはアメリカの空港初の試みです。ガラスなどのペットポトル以外の容器で水を販売することは可能で、また搭乗者はマイボトルを持ち込んで空港内の無料給水所で水を補給することもできます。同空港はすでに、使い捨ての持ち帰り用容器、調味料パック、ストロー、食器の提供を禁止しており、2021年までに世界初のゼロ・ウェイスト(ゴミを出さない)空港になることを目標に掲げています。(※2)

全米で脱プラスチック化を進めるトレーダー・ジョーズ

全米で500店舗以上を展開するスーパーマーケットチェーンのトレーダー・ジョーズは、アメリカの中でも積極的に脱プラスチック化に取り組んでいる企業のひとつです。これまでに、プラスチック製使い捨てレジ袋の提供を全店舗で禁止、野菜や肉を入れるための小さなプラスチック製の袋を生分解性で堆肥化が可能なものに変更、野菜用の発砲スチロール製のトレイをバイオ素材でできた堆肥化が可能なトレイに変更するなどして、脱プラスチック化を推進してきました。さらに2019年以降は、プラスチック製の梱包材で包装された野菜や果物を削減、肉用の発砲スチロール製トレイをリサイクル性の高いPET1トレイに変更、切り花の包装袋をプラスチック製から再生可能な素材に切り替えるなどして、合計約100万パウンド(約454トン)のプラスチックを排除していくことを発表しています。(※3)

新しいカップの開発を進めるスターバックス

アメリカの大手コーヒーチェーンのスターバックスも、プラスチックストローの廃止をはじめ、脱プラスチック化に積極的に取り組んでいます。同社は、今年3月にニューヨークやサンフランシスコ、シアトル、ロンドン、バンクーバーの一部店舗で、ホットドリンク用の紙のカップをより環境に優しいものに変更して試験運用を行っています。これは、漏れ防止のためのカップ内部のコーティングをプラスチックから堆肥化が可能なBioPBSという素材に切り替えたものです。従来のカップは、紙の部分とプラスチックの部分を分離することが難しくリサイクルすることが困難でした。堆肥化が可能な素材に変更してもカップからコーティング部分を分離させる必要があるため、今回はそうした処理が可能な施設がある都市で試験運用が実施されました。実用化に向けてはまだ時間がかかるものの、スターバックスは、マクドナルドおよびリサイクル投資企業クローズド・ループ・パートナーズと提携して環境に優しいカップの開発を進めています。(※4)

最後に

最近ではスーパーマーケットで、ステンレス製のストローや、プラスチック・ラップの代用品としてビーズワックス(蜜蝋)・ラップの取り扱いが増えたり、リサイクル可能な紙パック入りの水が販売されるようになったりと、以前に比べて脱プラスチック化の商品が増えてきました。こういったエコな商品は、消費者の心を掴むようなデザイン性が高いものも多く、「脱プラスチック」はアメリカの食産業でも今後のトレンドのひとつになっていくのではないかと思います。

【参考文献】
(※1)https://www.epa.gov/facts-and-figures-about-materials-waste-and-recycling/plastics-material-specific-data
(※2)https://apnews.com/224e08cb2a724e67a1f314498faade89
(※3)https://www.traderjoes.com/announcement/packaging-improvements
(※4)https://www.foodandwine.com/news/starbucks-compos-recycle-cup-test-nextgen

 

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

アメリカの消費者間で免疫力向上への意識が広まる中、アメリカで販売されている免疫力を高める効果が期待されるサプリメントおよび加工食品について紹介します。

人気商品のバナナジュース。牛乳に溶かすだけで簡単にバナナジュースが作れる、粉末飲料の開発ヒントについてご紹介いたします。

アメリカの食トレンド情報の中でも、赤ちゃんはどのようなベビーフードを食べているのでしょうか。アメリカのベビーフード事情について解説します。

ヨーロッパで販売されている中食、冷凍食品の市販品を、現地のスーパーで調査しました。今のヨーロッパのトレンド情報をご紹介します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    2018.08.10 ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    2018.08.10 白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    2018.06.29 調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    2018.06.29 介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    2018.08.10 食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造