免疫力をサポートするサプリメントおよび加工食品(アメリカ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウィルス感染症の拡大により、アメリカの消費者の間では免疫力を高める意識が広まっているようです。今回は、アメリカで販売されている、免疫力を高める効果が期待されるサプリメントおよび加工食品について特集します。
(調査日:2020年9月)

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴いサプリメントの売上が増加

日本では国民皆保険制度が導入されていますが、アメリカでは国民の大部分が民間の保険会社を利用しており、保険料や医療費が高額になることから、多くの人ができるだけ医療機関にかからないよう病気を予防しようという意識を持っています。その予防手段のひとつとして、サプリメントを摂取することが広く普及しています。Council for Responsible Nutrition(米国栄養評議会)によると、アメリカでは77%の人がサプリメントを摂取しています。成人の間で最も人気があるサプリメントはマルチビタミン(58%の回答者が摂取)で、続いてビタミンD(31%)、ビタミンC(28%)となっています。(※1)
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、今年はアメリカでサプリメントの売上が大きく増加しているようです。サプリメントの摂取で感染を予防できる科学的根拠はないものの、特に免疫力を高める効果が期待されるサプリメントの売上が増加しています。市場調査会社IRIによると、免疫力を高めるのに有効とされるビタミンCサプリメントの3月第1週目の売上は前年同期比146%増、亜鉛は255%増、エルダーベリーは415%増、エキナセアは122%増となりました。(※2)
以下、免疫力をサポートするサプリメントおよび加工食品をご紹介します。

エルダーベリー

エルダーベリーはスイカズラ科の落葉樹の果実のことで、抗炎症および免疫力を高める作用があると言われており古くから風邪や発熱の治療に用いられてきました。アメリカでは、エルダーベリーのサプリメントは風邪・インフルエンザ対策として摂取されています。サプリメント売場にエルダーベリー・コーナーを設けているスーパーマーケットも多く見受けられます。大手サプリメントメーカーのひとつNature’s Wayは、エルダーベリーを使用した商品を複数展開しており、錠剤、グミ、シロップ、トローチタイプを販売しています。同社の”Sambucus Elderberry Gummies”というグミタイプの商品には、トリプル免疫ブレンドとして、1回分にエルダーベリーエキスが50mg、ビタミンCが90mg、亜鉛が7.5mg配合されています。また、同社は2歳以上の子供が摂取可能なエルダーベリー・サプリメントも展開しています。

エキナセア

エキナセアはキク科の多年草植物で、古くからアメリカ先住民が風邪や伝染病の治療に利用してきました。エキナセアは免疫促進効果が期待され、アメリカではサプリメントやハーブティー、ジュースの原料として使われています。サプリメントでは、エキナセアのみの商品のほか、ビタミンCや亜鉛などをブレンドした商品が見られます。ハーブティーで有名なメーカーYogiは、”Echinacea Immune Support”というティーバッグタイプのお茶を販売しています。同商品には、エキナセアルート(根)のほかにペパーミント、レモングラス、スペアミント、フェンネルシード、エルダーベリー、ジンジャー、ごぼう、クローヴなどが原材料として使用されています。また、アメリカでは、エキナセアとエルダーベリーの両方を使用したサプリメントやハーブティも販売されています。

ウェルネスショット

近年、アメリカのジュースバーやスーパーマーケットで、栄養価の高いスーパーフードを凝縮したショットグラスサイズのウェルネスショットが販売されており、大きく売上を伸ばしているようです。Vive OrganicやSujaといったメーカーが、免疫力向上を目的とした商品を展開しています。例えば、Vive Organicの”Immunity Boost Shot Original”は、2オンス(59ml)入りで20カロリー、原材料はパイナップル、ショウガ、ターメリック、レモン、エキナセア、ブラックペッパーとなっています。同Immunity Boost Shotシリーズには、オリジナルタイプ以外に、カイエンペッパー入りの商品およびエルダーベリー入りの商品が販売されています。また、Sujaの商品には、有胞子性乳酸菌(Bacillus Coagulans GBI-30 6086)が配合されています。こういったウェルネスショットは1本3ドル前後で販売されています。

毎年、秋から冬にかけてインフルエンザが流行します。アメリカでは、今年の冬は新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの両方が流行することが大変懸念されています。そのため、今後もしばらくは免疫力を向上させたいと考える消費者が例年以上に増え、免疫力をサポートするサプリメントや加工品の売上も増加するのではないでしょうか。

(参考文献)
※1
https://www.crnusa.org/newsroom/dietary-supplement-use-reaches-all-time-high

※2
https://www.nytimes.com/2020/03/23/well/live/coronavirus-supplements-herbs-vitamins-colds-flu.html

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

アメリカ全体で見ると、まだまだ発展途上の段階である脱プラスチック対策。アメリカの州や自治体による脱プラスチック対策と、食関連企業の取り組みについて解説します。

人気商品のバナナジュース。牛乳に溶かすだけで簡単にバナナジュースが作れる、粉末飲料の開発ヒントについてご紹介いたします。

アメリカの食トレンド情報の中でも、赤ちゃんはどのようなベビーフードを食べているのでしょうか。アメリカのベビーフード事情について解説します。

ヨーロッパで販売されている中食、冷凍食品の市販品を、現地のスーパーで調査しました。今のヨーロッパのトレンド情報をご紹介します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    2018.08.10 ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    2018.08.10 白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    2018.06.29 調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    2018.06.29 介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    2018.08.10 食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造