新感覚スイーツ~ハイブリッドスイーツとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイブリッドスイーツをご存知ですか? 2種類のスイーツを組み合わせて作られた新しいスイーツです。今回は、このハイブリッドスイーツについて海外事情や国内の現状をご紹介します。

ハイブリッドスイーツとは

「ハイブリッドスイーツ」とは2種類のお菓子やパンの長所を組み合わせてできた、新たなスイーツのことです。
有名なのは、アメリカで人気に火がつき、日本にも上陸したクロワッサン生地で作るドーナッツ「クロナッツ」。他にも、タルトとブラウニーをかけ合わせた「タウニー」やドーナツとマフィンの「ダフィン」、フレンチトーストとパンケーキの「フレンチパンケーキ」、クロワッサンとベーグルの「クレーグル」、マシュマロとマカロンの「マロマック」などがあります。人気の秘訣は、親近感と意外性にあります。すでに知っている「あの味」と「この味」を組み合わせたらどうなる?と興味をそそります。

人気のハイブリッドスイーツ

次に、欧米で人気のハイブリッドスイーツを3つご紹介します。

クロナッツ

このハイブリッドスイーツの元祖といわれるのが、Dominique Ansel Bakeryのクロナッツです。2013年5月に新登場したこのクロワッサンとドーナツを融合させたクロナッツは、開発したパティシエのドミニク・アンセル氏が2ヶ月にわたって10種を超えるレシピを考案した中、選ばれたものだといいます。現地では朝5時から行列ができ、発売後30分で売り切れ、ギリギリ買えなかった人は泣き叫び、大騒動となっているといったエピソードもあり大変な人気です。

クロワッサンたい焼

海外でのブームを受けてか、日本でもハイブリッドスイーツが登場しています。銀のあんの24層に仕上げたクロワッサン生地を、専用のたい焼き器で焼いたクロワッサンとたい焼きをかけ合わせた「クロワッサンたい焼き」は、モダンかつ大胆なルックスであるほか、食感もサクッとした本来のたい焼きをくつがえすものになっており、新鮮さが生まれています。

Wonut(ウォーナッツ)

米国 Waffles Cafe の「Wonut(ウォーナッツ)」は、waffle(ワッフル)と donut(ドーナツ)をかけ合わせたハイブリッドスイーツです。ワッフルの生地を鉄板に流し込み、“外はカリッと、中はふわふわ”な食感に焼き上げたものをドーナツのように油で揚げ、たっぷりのチョコレートやマシュマロをトッピングして仕上げるものです。

国内でもぞくぞく新商品発売!コンビニでみかけたハイブリッドスイーツ

このハイブリッドスイーツは、国内でも市販の商品として多く販売されています。次々と生み出されている新商品のうち、注目のものを3つご紹介します。

「メロンクロワッサン」「あんこクロワッサン」/ローソン

メロンパンとクロワッサンを掛け合わせた「メロンクロワッサン」はデニッシュ生地とビスケット生地を張り合わせて従来のメロンパンのような生地を、クロワッサンの形に成形したもので、さらにメロンの粒ジャムが入っています。
「あんこクロワッサン」はさっくりとしたクロワッサン生地の中に北海道大豆を使用した粒あんが包まれているもので、これは日本ならではの一種のハイブリッドといえそうです。

「クリーミーバウムケーキ クレームブリュレ風」/ファミリーマート

バームクーヘンとクレームブリュレのハイブリッドのような商品です。まずバームクーヘンの中心部分にクリームが詰まっており、自家製キャラメルとアメが表面にかけられ、まるでクレームブリュレのようにパリッとした食感になっています。

「プリンのケーキサンド」/ファミリーマート

サンドイッチとプリンのハイブリッドスイーツです。なじみの深い三角形のサンドイッチサンドにプリンとホイップクリームとカスタードクリームの2種のクリームが挟まれています。ホイップクリームにはラム酒を入れ、大人の味わいになっています。

まとめ

ハイブリッドスイーツは、アメリカで火が点いて以来、次々と新しい組み合わせのものが国内外で登場しており、まだまだとどまるところを知りません。ぜひ商品開発の際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

アメリカの消費者間で免疫力向上への意識が広まる中、アメリカで販売されている免疫力を高める効果が期待されるサプリメントおよび加工食品について紹介します。

アメリカ全体で見ると、まだまだ発展途上の段階である脱プラスチック対策。アメリカの州や自治体による脱プラスチック対策と、食関連企業の取り組みについて解説します。

人気商品のバナナジュース。牛乳に溶かすだけで簡単にバナナジュースが作れる、粉末飲料の開発ヒントについてご紹介いたします。

アメリカの食トレンド情報の中でも、赤ちゃんはどのようなベビーフードを食べているのでしょうか。アメリカのベビーフード事情について解説します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    2018.08.10 ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    2018.08.10 白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    2018.06.29 調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    2018.06.29 介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    2018.08.10 食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造