Whole Foods Marketによる2021年食品トレンド予測〜市販品を紹介(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のコラムでは、アメリカの自然派食品スーパー大手「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」が発表した2021年の食品トレンド予測をお届けしました。今回から3回にわたり、実際にWhole Foods Marketで販売されている各トレンドの市販品を紹介します。
(調査日:2020年12月)

Well-Being is Served 〜健康促進〜

アダプトゲンブレンド(写真中央):Navitas Organics社の「Superfood+Adaptogen Blend」

Whole Foods Marketによると、現在ビタミンCやキノコ、アダプトゲンハーブなど、心を癒し、そして免疫をサポートする機能性成分を含む商品が注目されてきています。

Navitas Organics社の商品は、「アダプトゲン」を含む、マカ、レイシ、アシュワガンダの粉末をブレンドしたものになります。アダプトゲンは、活力の向上や、身体的および精神的なストレス因子に対する体の抵抗力の向上をサポートする効果が期待されており、本商品を小さじ1杯分スムージーに加えるだけで毎日簡単にアダプトゲンを摂取することができます。原材料は全てオーガニック、グルテンフリーであり、同社によると、あらゆるスムージーに加えることができますが、特にナッツバターやカカオと組み合わせると美味しいようです。

キノコブロス(写真中央):Om Mushroom Superfood社の「Mighty Mushroom Broth」

Om Mushroom Superfood社のキノコの粉末ブロス(出汁スープ)は、心と身体の両方に栄養を与えることを目的とした商品です。パッケージは1食分ずつになっており、8oz(約240ml)のお湯に混ぜるだけでスープが出来上がります。1食分に約3,600g分のキノコの栄養素が凝縮され、原材料には、シイタケ、マイタケ、カワラタケ、レイシ、ヤマブシタケ、エリンギ、その他、えんどう豆タンパク質や、ハーブとスパイスをブレンドしたものなどが使われています。
同社によれば、本商品は、免疫力、消化、関節および骨、髪および皮膚、爪、ストレスマネジメントなどをサポートすることを目的としています。

Epic Breakfast Every Day 〜毎日充実した朝食〜

冷凍オムレツ:Eat Just社の「Just Egg Folded」

アメリカでは昨今、新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務をする人が増え、週末だけでなく毎日の朝食に注目が集まる傾向にあります。

パッケージに“Made from Plants (not chickens)”とのキャッチコピーが謳われているように、Eat Just社は植物性の「卵」を製造・販売しています。同社の商品では植物性の「液体卵」が最も有名ですが、2020年からは「JUST Egg Folded」という四角型の冷凍オムレツが販売開始となりました。トースターやオーブン、電子レンジで温めるだけですぐに食べることができ、パンに挟めば簡単に朝食用サンドイッチが出来上がります。
主な原材料は非遺伝子組換えの緑豆で、鶏の卵ではないためコレステロールは含まれておらず、オムレツ1つ(57g)当たりのタンパク質量は7gと、鶏卵とほぼ変わりません。
また、同社の商品は、健康に良いという利点だけではなく、環境保全もコンセプトのひとつになっています。従来の鶏卵に比べ、製造過程において少ない土地と水で生産することができ、二酸化炭素の排出量も少なく環境に優しい商品です。

カップ入りパンケーキミックス:Birch Benders社の「Pancake Keto Cups」

Birch Benders社は、2020年からケトジェニックダイエット対応のカップ入りパンケーキミックスを販売しています。カップに1食分のパンケーキミックスが入っており、水を加えて混ぜ、電子レンジに60秒ほどかけるだけでグルテンフリーのパンケーキが完成します。ケトジェニックダイエットは炭水化物(糖質)の摂取量を抑えて、脂質からカロリーを摂取する食事方法です。本商品には小麦粉の代わりにアーモンドフラワーが使用され、クラシックメープル味の場合、1食分でカロリーは210kcal、脂質は17g、糖質は5gとなっています。
同社は2014年からパンケーキミックスを販売しており、卵も牛乳も使わずに、水だけで美味しいパンケーキを簡単に作れる商品としてアメリカで人気になっています。”Pancakes for Every Lifestyle”という言葉を掲げ、消費者の多様な食志向に対応できるよう、パレオダイエット向けのパンケーキミックスや、卵の代わりにえんどう豆タンパク質を使用したパンケーキミックスなどユニークな商品展開をおこなっています。

Basics on Fire〜新しさが加わったベーシック食品〜

風味のついた無濾過ビネガー:Acid League社のLiving Vinegar

新型コロナウイルスの影響を受け、自宅で料理をする人が増加し、パスタやソース、スパイスなど食料棚に常備されている食品に対して新しさを求める人が増えてきています。

2020年夏からWhole Foods Marketで新しいビネガー(酢)の販売が開始されました。それがAcid League社のLiving Vinegarです。「生」、「無濾過」、そして野菜や果物、ハーブ、スパイスと共に発酵されているのが特徴で、生きた酵母が使われています。非加熱かつ無濾過のビネガーと言えば、アップルサイダービネガーが有名ですが、同社によると、りんご以外の野菜や果物を使用し、かつ豊かなフレーバーを持ち合わせているビネガーは、アメリカではこれまで一般的には売られていませんでした。例えば、「メイヤーレモン・ハニー」という商品の原材料には、水、メイヤーレモン果汁、蜂蜜、生酵母菌が使用されています。
また、「ストロベリー・ロゼ」という商品には、ロゼワイン、イチゴ果汁、生酵母菌が使用されています。同社によると、白ワインや赤ワインビネガーは広く販売されているものの、ロゼワインを使用したものはこれまでになかったということです。

同社のビネガーは、炒め物やサラダ、チーズ、スムージー、ヨーグルト、アイスクリームなど様々な食べ物に使うことができ、ホームページでは各商品のテイスティングノートや組み合わせると美味しい食べ物が紹介されています。

ヤシの芽リングイネ:Whole Foods Marketブランドの「Hearts of Palm Linguine」

リングイネパスタの代用品として、Whole Foods Marketブランドから「ヤシの芽リングイネ」が販売されています。これはヤシの芽をリングイネに見立てたものです。パッケージから出して水で洗い、ソースと絡めて温めるだけでヘルシーな食事が出来上がります。Whole Foods Marketによると、本商品はグルテンフリー、パレオダイエット向き、ビーガン、低脂肪、コーシャーとなっています。パッケージの表面にも記載されているとおり、1食分(85g、パッケージの1/2に相当)のカロリーは15kcal、総炭水化物量は4gであり、小麦粉から作られる本来のリングイネと比較すると、非常に低カロリーとなっています。

以上のように、アメリカでは「簡単に調理できる」「健康志向」「美味しさ」を追求した新たな商品が登場しています。特に、朝食は食パンやベーグルなど決まったものになりがちなので、忙しい朝でも手軽にヘルシーに食べることができるメニューが増えるのは嬉しいと筆者も感じました。次回は第二弾をお届けします。

【参考資料】
Whole Foods Market Forecasts Top 10 Food Trends for 2021(2020.10.19リリース)
https://media.wholefoodsmarket.com/whole-foods-market-forecasts-top-10-food-trends-for-2021

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

新型コロナウイルスの影響により家庭での朝食の消費量が増加し、その手軽さからシリアルの消費が復活しました。本コラムでは朝食用シリアルの欧米トレンドと商品設計のヒントをご提供します。

消費者の考える“健康”とはなにか。ベーカリー製品にどのような付加価値が必要かをご紹介します!

本コラムでは虫を使ったパンやビーツを使った真っ赤なパンなど、目新しい原料を用いたパンを紹介します。

近年SDGsに対する取り組みが増えてきました。今回は、パン業界における様々な取り組みをピックアップします。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説