Whole Foods Marketが2021年の食品トレンドTop10を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの自然派食品スーパー大手「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」は、今年10月に2021年の食品トレンド予測を発表しました。Whole Foods Marketは毎年、自社のバイヤーと専門家による翌年のトレンド予測を発表しており、アメリカでは多くのメディアが注目しています。そして今年は、新型コロナウイルス感染症の影響を反映した内容となっています。どのような流れが注目されているのか紹介します。

Well-Being is Served 〜健康促進〜

ザワークラフト:Cleveland Kitchen社の「Cleveland Kraut」

サプリメントと食品売り場の境界線が曖昧になりつつあり、その傾向は2021年に加速するとされています。例えばスーパーフード、プロバイオティクス、ブロス(出汁スープ)、ザワークラフトがこれに当たります。特にビタミンCやキノコ、アダプトゲンハーブなど、心を癒し、そして免疫をサポートする機能性成分を含む商品が注目されています。

Epic Breakfast Every Day 〜毎日充実した朝食〜

緑豆を使った植物性の液体卵:Eat Just社の「Just Egg」

新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務をする人が増え、週末だけでなく毎日の朝食に注目が集まる傾向にあります。朝に摂取する食べ物にさらに注目する消費者に向けて革新的な商品が生まれています。例えば、オーガニックのグルテンフリー・パンケーキミックスや、緑豆から作られた植物性の「卵」、植物性ソーセージなどがあります。

Basics on Fire〜新しさが加わったベーシック食品〜

自宅で料理をする人が増加し、パスタやソース、スパイスなど食料棚に常備されている食品に新しさを求める人が増えました。ハート・オブ・パーム(椰子の新芽)から作られたパスタや、アップルウッドの燻製塩、「代替肉」を使ったビーガンスープなどがあります。

Coffee Beyond the Mug〜マグカップを越えたコーヒー〜

コーヒーは、もはやマグカップで飲むだけにとどまりません。コーヒーがあらゆる食品に使われるようになってきました。コーヒー風味の栄養補助バーやグラノーラ、スムージー、お酒が登場し、コーヒーヨーグルトも販売されています。

Baby food, All Grown Up〜進化したベビーフード〜

フードイノベーションにより、小さい子供を持つ親はこれまでにないほど幅広く豊富な食材の中からベビーフードを選択できるようになりました。ルバーブやローズマリー、紫ニンジン、オメガ3を豊富に含むフラックスシードなどを使った、持ち運び可能なパウチ入りの商品があり、小さな子供も満足できるようになっています。

Upcycled Foods〜アップサイクル食品〜

これまで野菜や果物の皮や茎は廃棄されていましたが、食物廃棄を減らすために、本来なら捨てられるはずの部分を利用した商品が増えてきています。こういった商品は、「アップサイクル食品*」と呼ばれています。例えば、ビールの醸造過程において使用済になった大麦、小麦、ライ麦を再利用して作られた栄養補助バーが販売されています。
*アップサイクルは従来の「リサイクル」と異なり、元のモノよりもより魅力的で付加価値が高いモノを生み出すことを目的としています。

Oil Change〜食用オイルの変化〜

ヘルシーなオイルはオリーブオイルだけではありません。自宅で料理をする人は、風味や特徴が異なるオイルを使い始めています。クルミやかぼちゃの種から作られるオイルは、とても良いナッツの香りがします。また、ひまわりの種から作られるオイルは、高温でも、サラダドレッシングとしても使える用途が広いオイルです。

Boozed-Up Booch〜お酒になったコンブチャ〜

アルコール入りコンブチャ:(右)GT’s Living Foods社の「Hard Kombucha」 (左)Strainge Beast社の「Hard Kombucha」

2018年のトレンド予測に「ハードセルツァー(アルコール入り炭酸水)」が含まれていましたが、最近は「アルコール入りコンブチャ」の新商品が登場しています。コンブチャは、お茶を発酵させて作る発酵飲料です。ハードコンブチャ(アルコール入りコンブチャ)は、グルテンフリーで、口の中でシュワっと泡立ちが良く、そして生きた乳酸菌発酵を含んでいます。

The Mighty Chickpea〜勢いを増すひよこ豆〜

ひよこ豆を使った食べ物と言えば、フムスやファラフェルでしたが、これからはパスタや豆腐、粉、シリアルにも使われるようになるでしょう。ひよこ豆は食物繊維と植物性たんぱく質を豊富に含み、カリフラワーに続くトレンド食材となりそうです。

Fruit and Veggie Jerky〜果物と野菜のジャーキー〜

フルーツジャーキー:Solely社の「Organic Fruit Jerky」

ジャーキーは、もはや肉好きの人のものではありません。キノコからジャックフルーツまであらゆる食材がジャーキースタイルで提供されるようになりました。果物や野菜を常温保存できる新しい方法となっています。野菜は、栄養と美味しさを保つために最も新鮮な状態で乾燥させます。唐辛子、塩、生姜、カカオなどを少し加えることで、味にアクセントを付けている商品もあります。



原文詳細は以下ページをご覧ください。
Whole Foods Market Forecasts Top 10 Food Trends for 2021(2020.10.19リリース)
https://media.wholefoodsmarket.com/whole-foods-market-forecasts-top-10-food-trends-for-2021

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

コロナ禍の影響から、家庭用のミックス粉やおやつにも変化が見られました。本コラムでは、そのような海外商品をご紹介します。

いま巷で話題の台湾カステラをご存知ですか?人気店「新カステラ」さんに商品のヒミツを取材しました。

今アメリカではキノコがもつ抗酸化作用や免疫力を高める作用について注目が高まっています。海外で販売されている食用キノコおよび薬用キノコの加工食品をご紹介します。

海産魚由来のコラーゲンペプチドをSDGsの観点から解説します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • コラーゲンの基礎知識

    コラーゲンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説