Whole Foods Marketが2020年の注目食品トレンドTop10を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国の自然派食品スーパー大手「ホールフーズ・マーケット」が2019年10月21日に2020年の食品トレンド予測を発表しました。毎年ホールフーズではバイヤーや専門家による翌年のトレンド予測を発表し注目を集めています。昨年は健康的なオイルや代替肉スナックなどが着目されていましたが、今回はどのようなトレンドが予測されているのでしょうか。

*原文詳細は以下ページをご確認ください。
Whole Foods Market predicts top 10 food trends for 2020
https://media.wholefoodsmarket.com/news/whole-foods-market-predicts-top-10-food-trends-for-2020

Regenerative Agriculture~再生農業~

土壌汚染や二酸化炭素の排出増加は世界中で大きな問題として取り上げられています。このような環境問題への対策が急務とされるなか、Regenerative Agriculture(再生農業)が注目されているようです。Regenerative Agricultureとは生物多様性や土壌の回復など環境配慮に重点を置いた農業や畜産業のことです。このような方式で生産された商品が消費者から支持されつつあるようです。

Flour Power~新しい小麦粉代替品~

商品の独創性や付加価値を上げるため、新たな小麦粉代替品が並ぶようになりました。流行に敏感な消費者は、伝統的な料理に使用される材料を探しているようです(例えばエチオピア料理に使用されているテフパウダーなど)。 2020年にはカリフラワーパウダーやバナナパウダーなどユニークな野菜や果物のパウダーが一般市場でも出回ってくると予想されています。現在でもチップやスナック菓子を小麦粉の代わりにタイガーナッツパウダーや様々なシードパウダーのブレンドで作ることがトレンドとなっているとのことでした。

Foods from West Africa~西アフリカの食品~

現在米国ではスーパーフードから料理まで「西アフリカ」発のものが人気となっています。料理では、トマト、タマネギ、唐辛子、ピーナッツ、ジンジャー、レモングラスなどを用いた伝統的な西アフリカ風味が人気となっています。また機能性素材としてモリンガやタマリンド、ソルガム、フォニオ、テフ、キビなどの西アフリカ発スーパーフードが入った商品も市場を賑わせているようです。

Out-of-the-Box, Into-the-Fridge Snacking~チルドスナック~

軽食は「フレッシュ」が新世代のキーワードとなっています。軽食市場はシリアルバーのような商品が一般的でしたが、新鮮さを売りにしたチルドコーナーでの販売が注目されているようです。たとえば味付きのゆで卵、野菜の漬物、液体スープ、様々な種類のディップやディッパーなど様々なチルド軽食が全て小分け包装されて陳列されています。栄養補助バーも果物や野菜が配合されてチルドコーナーに陳列されるようになりました。

Plant-Based, Beyond Soy~大豆を超えた植物性食品~

2020年は植物性タンパク質として売り場を独占していた大豆が低迷するとみられています。植物性タンパク源として穀物や緑豆などに置き換えた「大豆フリー」を謳う製品が出てきました。サプリメント会社は大豆に代わる植物性タンパク質として緑豆、ヘンプシード、カボチャ、アボカド、スイカの種、ゴールデンクロレラなどに注目しているようです。

Everything Butters and Spreads~植物性油脂~

パレオ食やケトジェニックなどの食トレンドにも後押しされ、ナッツやひよこ豆、ゴマ、スイカなどを原料に作られた植物性油脂が注目されているようです。植物性原料の選定にはトレンド1の「再生農業」も重要視され、環境への影響が少ない方法で栽培された原料が求められているとのことでした。

Rethinking the Kids’ Menu~新しいキッズメニュー~

ミレニアル世代の子どもにも目を向ける必要が出ています。ホールフーズが出した別レポートによると”ミレニアル世代の63%が植物由来食品を自分たちの食生活に組み込もうとしている”ようです。多様な食文化や新たな価値観を生み出したミレニアム世代の家庭で育った子どもが増えることでキッズメニューも多様性が求められているようです。

Not-So-Simple Sugars~砂糖代替品~

砂糖やステビア、蜂蜜、メープルシロップなど従来用いられてきた甘味料を減らして、フルーツや野菜由来の甘さを利用した商品が注目されているようです。砂糖代替物としては、ラカンカ、ザクロ、ココナッツやデーツやモロコシやサツマイモ由来のシロップが挙げられています。

Meat-Plant Blends~肉と植物素材のミックス~

「植物性食品」のトレンドが拡大するなか、畜肉製品の一部を植物性原料に置き換えた商品がランクインしました。Applegateのような主要ブランドでは、牛ひき肉の30%を植物性原料に代替して健康的メリットを打ち出した商品が検討されているようです。さらに、すでにWhole Foods Market では75%の牛ひき肉と25%のリカプラス(小麦、マッシュルーム、大麦酵母、水)をミックスして作られた「リカプラスバーガー」が販売されています。今後も肉と植物性原料をミックスして味のバランスをとろうとする傾向は注目されています。

Zero-Proof Drinks~ノンアルコール飲料~

旺盛な消費需要に支えられ、ノンアルコール市場が注目されています。シントニック、マティーニ、ホップなど様々なアルコール飲料がノンアルコールで再現されています。

出典:Whole Foods Market predicts top 10 food trends for 2020

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

アメリカの消費者間で免疫力向上への意識が広まる中、アメリカで販売されている免疫力を高める効果が期待されるサプリメントおよび加工食品について紹介します。

アメリカ全体で見ると、まだまだ発展途上の段階である脱プラスチック対策。アメリカの州や自治体による脱プラスチック対策と、食関連企業の取り組みについて解説します。

人気商品のバナナジュース。牛乳に溶かすだけで簡単にバナナジュースが作れる、粉末飲料の開発ヒントについてご紹介いたします。

アメリカの食トレンド情報の中でも、赤ちゃんはどのようなベビーフードを食べているのでしょうか。アメリカのベビーフード事情について解説します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    2018.08.10 ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    2018.08.10 白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    2018.06.29 調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    2018.06.29 介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    2018.08.10 食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造