SDGsを考える―海洋性コラーゲンぺプチドをご存知ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 コラーゲンの由来原料は主に豚皮や牛骨、魚皮です。ここでいう魚には、ティラピアなどの淡水魚が多く使用されています。一方最近では、海に棲む魚を原料にした海洋性コラーゲンペプチドの人気が増えてきています。海洋性コラーゲンペプチドを使用する意義は何なのでしょうか。

海洋性コラーゲンペプチドの基礎

 世間一般にコラーゲンと呼ばれ流通している商品は、コラーゲンペプチドという断片化されたコラーゲンを指します。豚皮や牛骨、魚皮から抽出した3重らせん構造を持つコラーゲンは、変性処理によりゼラチンという一本鎖構造を持つ物質になります。それをさらに酵素処理して断片化することで、コラーゲンペプチドになります。
 多くの魚由来コラーゲンの原料は、ティラピアやパンガシウスなどの淡水魚です。これを海産魚にしたものが海洋性コラーゲンです。海洋性コラーゲンはそのイメージの良さから美容市場や健康食品市場などで需要が高まりつつありますが、メリットは他にもあります。

水産エコラベル―MSC/ASC認証

出典:国連本部

 持続可能な漁業で獲られた水産資源には、MSC/ASC認証と呼ばれるエコラベルを取得することが可能です。MSC(Marine Stewardship Council:海洋管理協議会)が独自に漁業に関して厳格な規格を設けており、“漁業がMSC漁業認証規格に則りMSC漁業認証を取得し、その漁業で獲られた水産物を、流通から製造、加工、販売に至る全ての過程において「CoC認証」を取得した企業が適切に管理する”(海洋管理協議会HPより引用)ことではじめてMSC認証は取得できます。MSC認証は主に北欧・北米に普及しており、アジア圏でも拡大中です。MSC認証が天然海産魚に言及する一方、ASC認証は養殖魚に言及しており、北欧・東南アジアで普及しています。
 この認証はSDGsのゴール14に設定された「海の豊かさを守ろう」に貢献できるため、MSC/ASC認証製品を購入することはSDGsへの貢献につながります。海洋性コラーゲンペプチドもMSC/ASC認証を取得することが可能なコラーゲンペプチドであるため、同ラベル取得の有無が商品選択の分かれ道になる可能性もあります。

日本での水産エコラベルの認知度

 水産庁の調べによると、水産エコラベルを知っているのは消費者で12%、漁業者で11%、流通加工業者で24%と、認知度は決して高くないことがわかります。しかし、同じ製品で水産エコラベルを取得しているもの、取得していないものを比較したとき、取得している製品を購入しようとする消費者の割合は8割弱にのぼることが分かっています。そのうち価格が高くても水産エコラベル取得製品を購入しようとする人は、約3割にのぼることもわかっています。
 このように水産エコラベルの認知度は高くはないものの、商品者のSDGsへの関心は高く、水産エコラベル取得製品がSDGs観点からも利益獲得の観点からも有利であることが予想されます。

まとめ

 世界的にSDGsが叫ばれる中、日本のSDGsへの関心はまだまだ高くないかもしれません。しかし上記のデータからも、日本でも関心は高まりつつあるため、早めの対策が必要ではないでしょうか。

<引用>
・海洋管理協議会(https://www.msc.org/jp/)
・水産庁資料(https://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/budget/attach/pdf/suishin-16.pdf)

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

コロナ禍の影響から、家庭用のミックス粉やおやつにも変化が見られました。本コラムでは、そのような海外商品をご紹介します。

いま巷で話題の台湾カステラをご存知ですか?人気店「新カステラ」さんに商品のヒミツを取材しました。

今アメリカではキノコがもつ抗酸化作用や免疫力を高める作用について注目が高まっています。海外で販売されている食用キノコおよび薬用キノコの加工食品をご紹介します。

SDGsの観点から食肉消費を減らそうとする動きがある中、動物性素材のコラーゲンに求められるものとは…。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • コラーゲンの基礎知識

    コラーゲンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説