グミ市販品調査レポート2019

このエントリーをはてなブックマークに追加

大人から子どもまで様々な層に愛されているグミ。小売店でも専用の棚が設けられている人気カテゴリです。今回の調査では主に「物性」に着目し、2019年の市販品グミの特徴をまとめました。富士経済の報告によると、訪日外国人客の土産品としてヒットし、ガムからの需要シフトでグミキャンディ市場は好調に推移しているようです。2019年はどのような物性のグミが発売されていたかご紹介します。(調査時期:2019年夏 市販品購入場所:都内のスーパー、コンビニ)

調査内容

スーパーやコンビニなどで販売されている市販品を一斉に調査しました。2018年の調査では18商品、2019年は17商品を対象としています。各商品についてテクスチャーアナライザーを用いて、破断応力、破断歪み率、付着性を測定しました。測定条件は以下の通りです。
測定治具:P/2(直径2mm円柱プローブ)
貫入速度:1mm/sec 貫入距離:200%
測定温度:25℃

調査結果

まずは破断応力(固さ)と破断歪み率(弾力性)を比較してみましょう。破断応力についてはそこまで大きな変化はありませんでしたが、破断歪み率では違いがみられました。破断歪み率150%以上に注目してみると、2018年市販品は4品のみだったのに対して2019年市販品は10品と増加していました。その結果から2019年では弾力食感のグミが多く発売されていたことが分かりました。

次に付着性について2019年市販品と2018年市販品を比較してみました。2018年では付着性が低い商品が多かったですが、2019年では付着性が高い商品の割合が増えていました。

これらの結果から2019年の市販品は前年と比較して弾力があり、付着性が高い商品が多く発売されていることが分かりました。もしかすると2019年はタピオカブームもあり、そのような食感の商品が市場で受け入れられているのかもしれません。

今後のトレンドは3D!?

海外トレンドでは味や食感だけでなく見た目で差別化を図る3Dグミが登場しています。動物の形をしたグミやブロック状のグミなど立体的で面白い形状の商品が数多く販売されていました。SNSによるシェアが一般化した現代では味や食感だけでなく目で見て「楽しめる」ニーズはより一層高まりそうです。

弊社でも食感づくりに関するお手伝いをしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

オーガニックや植物性が伸びていると言われるヨーロッパのヨーグルト市場について、現地スーパーマーケットの棚を視察し、実際のトレンドを調査しました。

健康志向の高まりとともにアメリカのスーパーマーケットでの販売が増えている、フレッシュな野菜を使ったミールキット(食材セット)をご紹介します。

去る1月11日、近江神宮で開催された「名人戦」で見事に初防衛に成功した粂原圭太郎名人に再びインタビューをお願いし、今後の抱負などをお伺いしました。

「競技かるた」の第一人者・粂原圭太郎さんのインタビュー、締めくくりとなる三回目は、名人にとってかるたとは何か、これからの夢などについて伺っていきます。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    2018.08.10 ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    2018.08.10 白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    2018.06.29 調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    2018.06.29 介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5

    2018.08.10 食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造