SNSでも話題⁉ 3Dグミとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

グミ市販品調査レポート2019」でも取り上げた立体感のあるグミ。味や食感だけでなく見た目で差別化を図る3Dグミが注目されています。日本でもすでにフルーツや動物の形をしたグミやブロック状のグミなど立体的で面白い形状の商品がすでに販売されており、SNSでも見かけるようになりました。これからは味や食感はもちろん、目で見て「楽しむ」要素がより一層重要になっているようです。
この3Dグミ、製造という観点ではハードルが非常に高いのが実情です。今回は、なぜ難しいのか、どうすればよいのかご紹介します。

3Dグミの大量生産が難しいワケ

グミ製造ラインは、スターチモールドと呼ばれるスターチ(澱粉)に型を押し当ててその凹みにグミ液を注いで固める方法が主流です。この方法では、充填した時に上側の面は平面となりますので半立体のグミしかできません。そのため通常の製造ラインでは全体が立体的なグミを作ることは困難です。

設備投資をしてシリコンモールドやメタルモールドと呼ばれる型を組み合わせ、その中にグミ液を充填することによって立体的なグミを作ることができます。しかし、これらの型を用いて製造をしようとすると、通常のレシピでは乾燥が足りず剥離しにくく、生産面で課題が生じます。
このように通常のグミ製造ラインが使えないことや、専用の型をつかってもうまく製造できないことから技術的に大量生産が難しいのです。

ゼラチンの剥離性を改善することで3Dグミの大量生産へ前進

グミを固める主原料はゼラチンですので、ゼラチンの固まるスピードや剥離性が改善されれば大量生産の道が開けてきます。そこでいま期待されているのが3Dグミ用ゼラチン “SiMoGel”です。このゼラチンはスターチレスの需要を受けてシリコンやメタルモールドでの製造に適したゼラチンとして開発されました。従来のゼラチンより固まるスピードが速く、型からの剥離性が高いのが特徴です。

3Dの真骨頂 リアルな骸骨グミを作ってみました

まとめ

5Gの商用サービスも始まるなか食品でも視覚的要素はますます重要となっています。そういったウォンツへの一手として3Dグミは面白いのではないでしょうか。まだまだ技術的ハードルは高いものの今後も注視したい分野です。

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

アメリカの消費者間で免疫力向上への意識が広まる中、アメリカで販売されている免疫力を高める効果が期待されるサプリメントおよび加工食品について紹介します。

アメリカ全体で見ると、まだまだ発展途上の段階である脱プラスチック対策。アメリカの州や自治体による脱プラスチック対策と、食関連企業の取り組みについて解説します。

人気商品のバナナジュース。牛乳に溶かすだけで簡単にバナナジュースが作れる、粉末飲料の開発ヒントについてご紹介いたします。

アメリカの食トレンド情報の中でも、赤ちゃんはどのようなベビーフードを食べているのでしょうか。アメリカのベビーフード事情について解説します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    2018.08.10 ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    2018.08.10 白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    2018.06.29 調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    2018.06.29 介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    2018.08.10 食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造