Whole Foods Marketによる2021年食品トレンド予測〜市販品を紹介(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年10月に、アメリカの自然派食品スーパー大手「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」が2021年の食品トレンド予測を発表しました。今回のコラムでは、前回に引き続き、実際にWhole Foods Marketで販売されている各トレンドの市販品を紹介します。
(調査日:2021年1月)
第一回はこちら

Coffee Beyond the Mug〜マグカップを越えたコーヒー〜

オートミルクヨーグルト〈コーヒー味〉:Springfield Creamery社のNancy’s Oatmilk Non-Dairy Yogurt Cold Brew Vanilla

コーヒーがあらゆる食品に使われるようになってきました。コーヒー風味の栄養補助バーやグラノーラ、スムージー、お酒が登場し、コーヒーヨーグルトも販売されています。

Springfield Creamery社のNancy’s Oatmilk Non-Dairy Yogurt Cold Brew Vanillaは、オートミルクから作られる植物性ヨーグルト <コーヒー味>です。同商品には、水で抽出するコールドブリュー・コーヒーの濃縮液が使われており、筆者が食べてみたところ、コーヒーの風味がしっかり感じられる一方で、オートミルクヨーグルトの味ともうまく調和しているように感じられました。
Nancy’sのオートミルクヨーグルトシリーズには、そら豆タンパク質が原材料に使われています。1食(170g)あたり6gのタンパク質を含んでおり、これは、Whole Milk(脂肪分を除かない全乳)のヨーグルトと同等のタンパク質量です。また、同シリーズには乳酸菌も植物性のものが使われています。種菌にはブルガリア菌とサーモフィルス菌が使われ、アシドフィルス菌、ビフィズス菌BB-12、LGG乳酸菌を含んだプロバイオティクスヨーグルトになります。
近年アメリカでは、オートミルクをはじめ、豆乳やカシューミルクなどから作られる植物性ヨーグルトの人気が高まり、さまざまな商品が店頭に並んでいます。

スムージーブースター〈コーヒー味〉(写真左):Hushup X Hustle社のBlendr Bombs

Hushup X Hustle社のBlendr Bombs は、スムージーを完全代替食にしてくれるスムージーブースターです。1個あたりが一口大の大きさで、チアシード、ヘンプシード、フラックスシード、クルミ、ピーカンナッツ、デーツ、ミツバチ花粉、蜂蜜、シナモン、バニラビーンズなどが使用され、オメガ3が豊富に含まれています。スムージーを作る際に、このBlender Bombsを1つ入れて混ぜるだけで普段のスムージーの栄養価が一層高まります。またスナックとしてそのまま食べたり、砕いてオートミールやヨーグルトにかけて食べたりすることもできます。なお、Blender Bombsは、グルテンフリー、乳製品不使用、大豆不使用です。
Whole Foods Marketのトレンドでは、このBlender BombsのCoffee, Almond Butter & Cacao味が紹介されています。

Baby food, All Grown Up〜進化したベビーフード〜

パウチ入りベビーフード(写真左):Whole Foods Marketブランドの「Apple Butternut Squash with Ground Oats & Turmeric」 (写真右):Pumpkin Tree Organics社の「Organic Mango Purée with Oat Fiber & Seeds + a squeeze of Orange」

フードイノベーションにより、小さな子供を持つ親はこれまでにないほど幅広く豊富な食材の中からベビーフードを選択できるようになりました。ルバーブやローズマリー、紫ニンジン、オメガ3を豊富に含むフラックスシードなどを使った、持ち運び可能なパウチ入りの商品があり、小さな子供も満足できるようになっています。

Whole Foods Marketのプライベートブランドである「365 by Whole Foods Market」シリーズからもベビーフードが販売されており、ユニークな材料を使った商品が見受けられます。例えば、リンゴとバターナッツスクウォッシュのピューレにオート麦とターメリックを加えた商品や、リンゴとかぼちゃ、ブルーベリーにヒヨコ豆をミックスしたパウチ入り商品が店頭に並んでいます。同シリーズのベビーフードは、オーガニックかつ非遺伝子組み替えとなっています。

Pumpkin Tree Organics社のOrganic Mango Purée with Oat Fiber & Seeds + a squeeze of Orangeは、ピューレ状のマンゴーに、食物繊維が豊富なオート麦ファイバー、フラックスシードおよびチア(中南米原産のシソ科の植物)が加えられています。同商品は、”An Excellent Source of Fiber”と謳われており、1食分(99g)で3gの食物繊維(1日推奨量の21%)を含んでいます。幼児向けの商品ではありますが、6ヶ月以降の乳児でも食べることが可能です。

以前、「ベビーフード」に関するコラムでも紹介した通り、近年のアメリカのベビーフードは、健康志向の高まりを受けた大人の食トレンドを反映した商品が増えてきています。

Upcycled Foods〜アップサイクル食品〜

食物廃棄を減らすために、本来なら捨てられるはずの野菜や果物を利用した「アップサイクル食品」と呼ばれる商品が増えてきています。「アップサイクル」とは従来の「リサイクル」と異なり、元のモノよりもより魅力的で付加価値が高いモノを生み出すことを目的としています。

スイートポテトのスナック:Spudsy社のSweet Potato Puffs

Spudsy社のSweet Potato Puffsは、スイートポテト(アメリカのさつまいも)のパフスナックです。同社によると、年間1億5千万ポンド(約6万8千トン)のスイートポテトが、形や大きさ、色が不揃いであるために廃棄されています。同社はこのような不揃いなサツマイモをアップサイクルし(付加価値の高い物に作り替える)、製品を作ることで、食品廃棄の削減に貢献することを目指しています。使用されているスイートポテトは全て非遺伝子組み替え(Non-GMO)の農場かつ、灌漑を使用しない(自然の降水のみを利用する)農場で栽培されています。
同商品のフレーバーは、チェダーチーズや、シナモンシュガー、サワークリーム&オニオン、バーベキュー味などがあり、全商品ビーガン対応です。

バナナのスナック:Barnana社のOrganic Banana Bites

Barnana社の Organic Banana Bitesは、バナナを原材料としたスナックです。46℃以下で乾燥させることにより、バナナの自然な甘みが引き出され、弾力のある歯ごたえが特徴的なスナックになっています。バナナは傷がついていたり、熟しすぎたり、形が悪いと、味が美味しくても売り物になりません。通常は、こういった「不完全な」バナナは、市場に出回る前に廃棄されてしまいますが、同社はこのようなバナナを使ってスナックを生産しています。
同シリーズにはオーガニックのバナナのみで作られたオリジナルタイプ以外に、ピーナッツバターや、チョコレートでコーティングした商品、ココナッツを混ぜた商品などがあります。
また同社は、アメリカの非営利団体B Labが運営するB Corporation(以下、B Corp)認証を取得しています。社会と環境へのパフォーマンスや透明性の観点からB Labの厳しい評価基準を満たした企業のみが、B Corp認証を取得することが可能です。

以上のように、近年アメリカでは健康志向だけでなく、より地球環境に優しい食品作りに取り組む企業が増えてきました。アップサイクル食品はまだまだ認知度が低いですが、消費者の環境意識が高まりとともに今後数年で存在感を増していくのではないでしょうか。
トレンド商品の紹介は、次回が最終回となります。

【参考資料】
Whole Foods Market Forecasts Top 10 Food Trends for 2021(2020.10.19リリース)
https://media.wholefoodsmarket.com/whole-foods-market-forecasts-top-10-food-trends-for-2021

食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

無料!

今注目を集めている食品トレンド情報や
食品開発に関する資料を
無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

今すぐダウンロード

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

アメリカの自然派食品スーパー大手「Whole Foods Market」が発表した2022年の食品トレンド予測に沿って、3回にわたり、実際に同店で販売されている市販品を紹介します。

パンの本場―フランスの市販品情報とトレンドについて調査しました。

アメリカの自然派食品スーパー大手「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」が、2022年の食品トレンド予測を発表しました。来年はどのような食品が流行るのでしょうか?

アメリカの自然派食品スーパー大手「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」が、2022年の食品トレンド予測を発表しました。来年はどのような食品が流行るのでしょうか?2回に分けてご紹介します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

    キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

    カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

    ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

    メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

    ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • コラーゲンとは~基礎から徹底解説

    コラーゲンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

    アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

    ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

    アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説

    寒天とは~基礎から徹底解説

  • グルコマンナンとは~基礎から徹底解説

    グルコマンナンとは~基礎から徹底解説