アスリートの間でもコラーゲンペプチドが注目! コラーゲンペプチドのスポーツ利用の実態

このエントリーをはてなブックマークに追加

美容や美肌でおなじみのコラーゲンペプチドですが、近年ではその膝や関節への役割に注目が集まっています。そこから派生して、アスリートの間でもコラーゲンペプチドの利用が広まってきています。今回はその実態についてご紹介します。

コラーゲン・コラーゲンペプチドとは

コラーゲンは3重らせん構造をとるたんぱく質の一種で、人体のたんぱく質の約1/3を占めています。体内では繊維状たんぱく質として存在し、様々な身体構造を構成しています。部位別のたんぱく質の構成比を細かく見てみると、腱の85%、靭帯の70%、関節軟骨の70%と、肌以外の部位でもコラーゲンの構成比は大きく、体全体の構造に不可欠な成分です。コラーゲンの分子量は約30万と大きく、そのうえ三重らせん構造をとっていることから、そのままでは容易に消化・吸収できません。そのため一般的にはコラーゲンを加水分解して分子量を小さくした”コラーゲンペプチド”として流通されています。

コラーゲンペプチドのスポーツ向けのデータ

コラーゲンペプチドのスポーツニュートリション向けの研究も様々されており、その機能が明らかになっています。Simonらは、健康な男性 (18-40歳) に、週3-4回のレジスタントトレーニングと併用してコラーゲンペプチド5g/日を14週間摂取させることで、プラセボ群に比べてアキレス腱の断面積が有意に大きくなったことを報告しています1) 。  
Zdzieblik らはスポーツをしている男女 (18-30歳) にコラーゲペプチド5g/日を12週間摂させることで、スポーツ活動中の痛みが軽減されることを報告しています2)

マスメディアでも報じられるアスリートのコラーゲン・コラーゲンペプチドの実態

こうした、研究の進展とアスリートの身体のメンテナンスに対する意識の高まりもあるのか、アスリートの間の使用者も増加しており、使用例がマスメディアでも取り上げられるなど浸透しております。プロ野球選手である日本ハムファイターズの今川優馬外野手はリハビリテーションのお供にコラーゲンを摂取していたことが報じられました3)。フィギュアスケートの羽生結弦さんは現役時代、4回転半ジャンプを目指す体づくりの一環としてコラーゲン鍋を食べていることが報じられました4)。元騎手であった、福永祐一さんは落馬による骨折からのリハビリテーションにおいて、コラーゲンが豊富に含まれている鶏がらスープを積極的に摂っていることが報じられました5)。さらに、大リーグで活躍するダルビッシュ有選手がアドバイザーを務めるサプリメントブランドではスポーツ用途としてコラーゲンが販売されております 6)。このように様々な種目のトップアスリートが体づくりにおいてコラーゲン・コラーゲンペプチドに注目しています。

まとめ

競技においてアスリートに求められプレーの要求水準は年々高まっています。その中で、コラーゲンペプチドを活用した、身体のケアの重要性は増しており、使用者がより一層増加すると考えられます。

参考文献
1) J. Simon et al., Scand J Med Sci Sports., 32, 1137 (2022)
2) D. Zdzieblik et al., Appl Physiol Nutr Metab., 42, 591 (2017)
3) 日刊スポーツ (https://www.nikkansports.com/ ) 日本ハム今川11月下旬に左手を手術も練習再開、朝晩コラーゲンで完全復活 (2021年12月14日4時45分配信)
4) スポーツ報知 (https://hochi.news/) 羽生結弦の挑戦支える“4Aごはん”を初公開 コラーゲンたっぷりスペシャルちゃんこ (2022年1月19日 5時0分配信)
5) 日刊スポーツ (https://p.nikkansports.com/goku-uma/) 福永祐一2・5レース復帰 香港スプリント落馬骨折から46日で調教を再開 (2022年01月28日 10時26分配信)
6) Yutrition for Supplement コラーゲンSP(ピーチ風味)
https://yutrition.net/SHOP/Collagen_00019.html

この記事を書いた人
志村 広樹
志村 広樹
(シムラ ヒロキ)

営業本部営業戦略G所属 2018年入社。
ゼラチンの基礎研究業務や機能性原料の営業業務への従事歴を持ち、現在はそれらで培った情報分析能力を生かし、機能性原料販売の企画・立案業務に取り組む。

保有資格
中級食品表示診断士、消費生活アドバイザー
修論の研究テーマ
抗疲労食品成分の探索
趣味
読書、五目並べ
※プロフィールは、執筆時点での内容です

食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

無料!

今注目を集めている食品トレンド情報や
食品開発に関する資料を
無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

無料提供資料

今すぐダウンロード

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは~徹底解説!構造や種類・ゲル化の仕組み

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

食物繊維強化のニーズについて、500人に聞きました!その結果をご紹介します。

コロナ禍を経て、睡眠サプリメントに対する需要が高まっています。どのようなサプリメントがあるのでしょうか?ご紹介します。

スポーツサプリメントの代表格であるクレアチンを配合したグミが、注目を集めています。その具体的な商品について紹介します。

大麻取締法が改正され、ますます注目されるCBD (カンナビジオール) について解説します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • ペクチンとは~徹底解説!構造や種類・ゲル化の仕組み

    ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • 白キクラゲ多糖~概要や効果・食品応用例など徹底解説

    シロキクラゲ多糖の概要から効果まで徹底解説

  • 「とろとろ」「ぷるぷる」美味しさを引き出す ゲル化剤・増粘剤

    ゲル化剤・増粘剤とは?種類や用途・利用事例をご紹介

  • アルギン酸とは~構造や製造工程、効果を徹底解説

    アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • アップサイクル食品とは?

    廃棄寸前食材を活用!サステナブルな社会の実現を目指す「アップサイクル食品」

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

    キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

    カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

    ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

    メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

    ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • コラーゲンとは~基礎から徹底解説

    コラーゲンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

    アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

    ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

    アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説

    寒天とは~基礎から徹底解説

  • グルコマンナンとは~基礎から徹底解説

    グルコマンナンとは~基礎から徹底解説