パリのお惣菜

このエントリーをはてなブックマークに追加

調査日:2017年11月21日~12月7日

Boco ボコ

「美味しくて健康的なメニューを多くの人と共有したい!」という目的のもと、フェルニオ兄弟(Frères Ferniot)が立ち上げたファーストフード店。コンセプトに共感した有名レストランのシェフたちが次々とBOCOにレシピの提供をおこない、瞬く間にヘルシー志向のパリジャンたちの話題に。BOCOの総菜はすべてオーガニックのものを使用しています。ファーストフードでありながら、美味しくて健康的なメニューはパリジャンの胃袋をつかみ、パリに8店舗も展開するほど人気のお店になりました。

ホームページ:http://www.boco.fr/en/#

~総菜~
①そのまま食べられるタイプ

②温めて食べるタイプ

○MILLEFEUILLE VÉGÉTAL 野菜のミルフィーユ
<材料>
19%キヌア、19%エポトール(スペルト小麦)(グルテン)、19%レンズ豆、8%ニンジン、7%マッシュルーム、7%タプナード(グリーンオリーブ、カパールオリーブオイル、塩、アンチョビ(魚)、プロバンスハーブ(ローズマリー、バシリカ、タイム、マジョラム、風味)、塩)、7%トマトクリスプ(トマトジュース、トマトジュース、酸性化塩:クエン酸、パッキング:塩化カルシウム)、5%エンドウ豆、オリーブ油、カブ、タマネギ、塩、レモン酢、ガーリックペッパー
<評価:★★☆>
トマト風味で日本的に表現すると雑穀・野菜パスタ。層によって味が変わり、様々な雑穀の食感を楽しめる。

○BOEUF BRAISÉ EN PARMENTIER ブラッドビーフにジャガイモを添えて
<材料>
44%馬鈴薯、23%牛肉、13%牛乳、8%バター(低温殺菌クリーム、乳酸発酵物)、5%タマネギ、子牛肉(子牛肉と子牛脂肪)、酵母エキス、塩、エキス 砂糖、ハーブ、抗酸化ローズマリーエキス)、ニンジン、セロリ、塩、ヒマワリ油、赤ワイン(亜硫酸塩) 、黒コショウ、タイム、ローレル、砂糖、コーンスターチ、ジャガイモデンプン、lacrosse、マルトデキストリン、米粉、殺菌剤(二リン酸塩)、パームストロベリー、乳タンパク質
<評価:★★☆>
マッシュポテトが程よい軽さで、すっきりといただける。お肉はビーフシチューのような味わい。

③パテ

ホタテ貝、レーズンを使ったものなど、5種類ほど3.50€程度で売られていた

~デザート~

○COMTÉ FRUITÉ, CONFITURE DE FIGUES コンテチーズとイチジクジャム
※コンテ:フランスのハードタイプチーズ。癖が少ないタイプ
<材料>
75%コンテ(ミルク、塩、発酵、圧力)、25%イチジク(イチジク、サトウキビ、砂糖、ゲル化剤、果実ペクチン)
<評価:★☆☆>
癖のないシンプルなチーズだったが、ジャムの酸味が弱く、甘ったるく感じたのが残念。
ジャムの味によっては日本人好みの味にできそうと感じた。

○VIRGIN MOJITO, CITRON-MENTHE ヴァージンモヒートとシトラスミント
<材料>
ミントとライムの濃縮ピューレ41.2%(水、砂糖、ライムジュース20.9%、レモンジュース10.9%、ミント1.2%、ペクチン、スクロース、濃縮ベニバナ、グルコースシロップ)ライムムース 25.8%(クリーム、ミルク、砂糖、水、卵黄、ミント、ライムジュース40%、イナゴマメ、スクロース、安定剤:カラギナーゼ);
ミントとライムの濃縮ピューレ20.6%(水、砂糖、20.7%のライムジュース、10.9%のレモンジュース、2.3%のミント、ペクチン、スクロース、濃縮ベニバナ、グルコースシロップ)粉砕ミント12.4%(小麦粉、バター、ブラウンシュガー、ミント2%、水、ニンジン繊維)
<評価:★★☆>
ヴァージンモヒートはノンアルコールで、ミントの葉とライムを潰してサイダーで割ったものです。
カットケーキとムースが入っており、組み合わせが新鮮だった。個人的にはミントが少しきつかった。

Auchan La Defense オーシャン

パリから一番近いハイパーマーケットの一つ。日本でも売られているようなサラダ、サンドイッチの他、下記のような雑穀サラダが多く見られた。

○TABOULE ROYAL POULET 3.50€
※Taboule
Semoule(ひき割り小麦)に細かく切った野菜とハーブを加え、ドレッシングで和えた料理。フランスでは一般的な料理。

○QUINOA AUX LEGUMES 3.50€
※QUINOA:キヌア

Picard ピカール

Picard は「食卓を楽しむ」ことをモットーにあらゆるジャンルの冷凍食品が溢れるスーパーマーケットです。7年連続フランス人の好きな食品ブランドNo.1を受賞したPicard食品は体に優しく毎日食べるための家庭風料理です。(ピカールHPより)

日本にはない一食分お弁当タイプの冷凍食品を販売している。
<お肉orお魚+穀物orジャガイモorパスタ+野菜系の惣菜>の組み合わせが多い。
温め時間は750Wで7分程度と少々長め。

<商品例>① 鱈と野菜炒め ブルグルとキヌア
② サーモンのアーモンド皮がけ ねぎ入りリゾット
③ 牛肉の醤油ソースがけとパスタ 野菜ソテー添え
④ 鶏肉ソテーと秋野菜
⑤ 鶏肉ソテー(セージ使用)とタリアッテレパスタ
⑥ ローマ風鶏肉ソテーと炒めた米
⑦ 鶏肉ソテーと野菜 セモリナとコリアンダーとレモン風味
⑧ 豚肉のソテー(トマトソース) アーティチョークとオリーブ炒め 粒パスタ
⑨ 豚肉のソテー(きのこソース)とポレンタ(トウモロコシの粉を餅状にこねた物)入り

 

 

⑩ 鶏肉のソテー パースニップ(白にんじん)*のピューレ(ヘーゼルナッツ入り)
⑪ ホタテのリゾット(モリーユ茸入り)と豆炒め

冷凍庫の中に平積みで販売されている。

*パースニップ
見た目は白いニンジンのようで、ニンジンのような肉質の白い主根を食用とする。味や食感はサツマイモに近く、ねっとり、ほくほくしており甘みがある。煮崩れしないため、ポトフやシチュー、ボルシチなどの煮込み料理で食されている。

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

昨今では食シーンの多様化から、様々なドレッシングが開発されています。ドレッシングが多様化する中、他商品との差別化に役立つドレッシングの種類を紹介します。

テイクアウトやデリバリー商品の増加に伴って外食産業でも経時的な物性維持が課題になっているようです。食品でもっともよく求められる機能性の一つ「離水防止」を例に、調味料に機能性を付与することができる製剤をご紹介します。

テイクアウトやデリバリー商品の増加に伴って外食産業でも経時的な物性維持が課題になっているようです。「ドレッシング」について、商品の見栄えがよく、固形物を均一に充填できるような弊社の「分散安定剤」をご紹介します。

テイクアウトやデリバリー商品の増加に伴って外食産業でも経時的な物性維持が課題になっているようです。「あんかけダレ」について、適切なとろみをつけつつ食感への影響が少ないすっきりした商品の開発例をご紹介いたします。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    2018.08.10 ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    2018.08.10 白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    2018.06.29 調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    2018.06.29 介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    2018.08.10 食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造