世界最小のスーパーフード「テフ」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今スーパーフードのテフ(TEFF)が欧米で流行しているのをご存知でしょうか。キヌアの次にブームになるといわれている新しいスーパーフードテフは穀物の一種で、優れた栄養価を持つことで注目を集めています。今回はこのテフ(TEFF)の特徴や流行の理由、おすすめレシピなどをご紹介します。

世界最小のスーパー フード「テフ」とは?

テフ(TEFF)は、キヌアの次にブームになるといわれているスーパーフードで、古来よりエチオピアの主食として食べられてきました。優れた栄養価を持つテフは、イネ科スズメガヤ属の穀物です。
日本スーパーフード協会が発表する2016年ニューフェイススーパーフードTop10の中で、テフは1位の「アマランサス」に次いで2位にランクインしました。
アメリカではすでにブームになっているスーパーフードですが、日本ではまだあまり知られていない、これから大注目の新しいスーパーフードという意味で「ニューフェイス」とされています。
テフはNASAが宇宙食候補として選出したほか、テニス界の絶対王者と称されるジョコビッチ選手や、モデルのミランダ・カー氏、元サッカー選手のベッカム選手の奥さんであるヴィクトリア氏など世界のスーパースターたちも愛用しているといわれています。

キヌアの次に流行るといわれる由縁

キヌアは世界のスーパーセレブが食したことがきっかけでトレンドになった背景がありますが、テフも同様でありながら、実は栄養価もキヌアよりも優れています。また、以下の栄養素のように他の食材と比べ高いものもあります。

●鉄分…キヌアの約1.4倍、乾燥プルーンの約5倍
●カルシウム…キヌアの約2.3倍、牛乳とほぼ同等
●食物繊維…キヌアの約1.2倍、レタスの約8倍

テフの語源はアムハラ語で「見失う」という意味で、一度落とすと二度と見つからないくらい、小さな穀物といわれる、世界最小の穀物です。乾燥気候の過酷な条件で育つ特徴があり、その小さな粒にこのように多くの栄養素を備えています。

テフのトレンドワード

グルテンフリー、ホールグレイン、植物性タンパク、低GI

テフの特徴を示すトレンドのキーワードとして、グルテンフリー、ホールグレイン、植物性タンパク、低GIの4つを挙げることができます。

グルテンフリー

テフはグルテンを含まないことからグルテンフリー食材としても注目されています。ジョコビッチ選手は、グルテンフリー食事法を実践していることで知られていますが、自著でテフを大絶賛しており「テフは手間いらず。どんな料理にも合う」との内容を述べています。

ホールグレイン

全粒穀物という意味です。つまり精製されていないということです。

植物性タンパク

テフはタンパク質の宝庫です。エチオピアのマラソンランナーが強いのはテフのおかげ!?なんて話も出るぐらいアスリートからも期待される素材です。BCAAやアルギニン、酸素運搬に費用な鉄などをスポーツニュートリションとして注目されている成分が入っています。

低GI

GIとはグリセミック・インデックスの意味で、食後血糖値の上昇を表す指標のことです。健康維持のために低GI食品が注目されていますが、テフも低GI食品の一つです。
エチオピア人は、古来よりテフを発酵させたインジェラというクレープ状の加工食品を摂取してきたといわれています。このインジェラは低GI食品であることが報告されていることから、エチオピア人は古来より低GI食品を生活に取り入れて健康を維持してきたと考えられます。

【レシピ紹介】テフでつくるグルテンフリーブラウニー

ブラウニー

テフでつくるグルテンフリーブラウニーをご紹介します。

材料(15cmスクエア型 1個分)

ブラウンテフパウダー 50g
チョコレート 100g
全卵 100g
無塩バター 70g
グラニュー糖 30g
ココアパウダー 10g
ナッツ 適量

作り方

(1)ナッツ類を軽くローストしておく。
(2)チョコレートとバターを湯煎で溶かす。
(3)卵にグラニュー糖を入れ湯煎で合わせる。
(4)(2)に(3)を加えて混ぜ合わせる。
(5)振るったテフとココアパウダーを(4)に加えて混ぜ合わせる。
(6)型に流し入れ、ナッツをトッピングする。
(7)予熱した180度のオーブンで18分焼く。

ブラウニーは通常、薄力粉などを使用してつくりますが、テフを使用することでグルテンフリーにすることができます。

まとめ

テフは、すでに欧米では注目されていることから、日本でも徐々に広がっていくと考えられます。新しいトレンドとして、いち早くトレンドワードを鍵にして取り入れ、商品づくりに生かしてみてはいかがでしょうか。

食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

無料!

今注目を集めている食品トレンド情報や
食品開発に関する資料を
無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

今すぐダウンロード
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

日本でもすっかりおなじみとなったスーパーフード。それらに豊富に含まれる食物繊維と腸活の関係について、新宿大腸クリニックの後藤利夫院長にうかがいました。

近年、「オメガ3」という単語をよく耳するようになりました。このオメガ3やn-3系脂肪酸の食品市場の動向をご紹介します。

今、世界中で注目が集まっている「スポーツニュートリション」市場。今回は、このスポーツニュートリションの概要と、注目素材2つをご紹介します。

「ハイレジ」の食のトレンドをご紹介します。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    2018.08.10 ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    2018.08.10 白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    2018.06.29 調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    2018.06.29 介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5

    2018.06.29 日本でグルテンフリー菓子は流行るのか?