アミノ酸スコアとコラーゲンの有用性

このエントリーをはてなブックマークに追加

 食品中のたんぱく質の栄養価を示す指標として、アミノ酸スコアがあります。鶏卵や牛肉などはアミノ酸スコアが100(最高値)と、たんぱく質としての栄養価が高いのに対し、豚皮や牛骨から抽出されるコラーゲンのアミノ酸スコアは0と最低値です。本コラムでは、その理由とアミノ酸スコアについて解説し、その上でコラーゲンの有用性についてご説明します。

アミノ酸スコアについて

アミノ酸スコア

 アミノ酸スコアを一言で表すと「食品中のたんぱく質の栄養価を示す指標」です。具体的な計算方法については省略しますが、スコアは0~100の値をとり、その値が高いほどたんぱく質としての栄養価が高いということになります。
 ここで言う「栄養価」について説明します。体を構成するのに不可欠なアミノ酸ですが、それらは体内で生成できない9種の必須アミノ酸と、体内で生成できる11種の非必須アミノ酸に分けられます。必須アミノ酸は体内で生成されないため、食事から摂取しなければならず、その食品中に必須アミノ酸がどれだけ含まれているか、というのが栄養学の観点からは重要になります。その必須アミノ酸の種類と量から算出した値がアミノ酸スコアです。

各食品のアミノ酸スコア

出展:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/pdf/info03k-04.pdf)

 左の図に食品ごとのアミノ酸スコアを示しました。鶏卵や牛肉など動物性たんぱく質はアミノ酸スコアが高いのに対し、精白米やパンなどの炭水化物に含まれるアミノ酸スコアは低く、必須アミノ酸が十分含まれていないことが分かります。ここで着目していただきたいのがコラーゲンのアミノ酸スコアが0であることです。アミノ酸スコアの算出方法ですが、食品中の必須アミノ酸のうち、含有量が最も低い必須アミノ酸の含有率(%)をスコア値として定義します。コラーゲンはアミノ酸組成の偏りが大きく、必須アミノ酸のトリプトファンが0%であるため、アミノ酸スコアも0となっているのです。

コラーゲンの特殊性とアミノ酸スコアの捉え方

 よく比較対象となるたんぱく源である大豆や乳が、それぞれそれのみで成長したり、仔牛を成長させたりするものであるのに対しコラーゲンは動物の骨や皮など体の一部(結合組織)から作られるたんぱく質です。トリプトファンは体内でのホルモンや筋組織の一部の合成のために利用される物質なので、骨や皮から抽出されるコラーゲンには含まれていません。
 体全体をつくる乳や豆に全てのアミノ酸が含まれ、体の一部からできるコラーゲンに特定のアミノ酸が含まれないことは当たり前のことといえます。逆にいえば、特定の部位に特化したたんぱく源、と考えることもできます。

 注意すべきは、「アミノ酸スコアが低い=食品としての価値が低い」という考えです。なぜなら、アミノ酸スコアは食品中のたんぱく質の栄養価のみを評価しており、それ以外の要素(例えば、その食品の機能や効能)とは無関係だからです。そのため、食品の機能・効能も考慮し、足りないアミノ酸は他の食事で補うことで、コラーゲンが十二分に有用なたんぱく源になりえます。次節でコラーゲンが特化している有効性の一部をご紹介します。

コラーゲンの有用性

  長年の研究から、コラーゲンは様々な機能を有していることが分かっており、多くの人にとって有用であることが示されています。

※以下は、健康食品やサプリメント等の製造・販売者向けの内容となります。記載している情報は一般消費者向けではなく、市販品についての効果・効能を標榜するものではありません。ご了承のうえ、閲覧してください。

筋疲労回復・パフォーマンス維持に関する有効性

 アスリートや部活動生、ボディビルダー、フィジーカーなど、継続的に運動する人にとってコラーゲンは有用だと考えられます。1日20 gの型コラーゲンペプチド(Peptan®)を9日間摂取することで、筋損傷が有意に回復し、運動パフォーマンスが向上することがわかりました。また、運動後の筋肉痛(VASスコア)が軽減される傾向があることもわかっています。(1)

肌質改善に関する有効性

 コラーゲンは真皮にネットワーク状に存在しており、肌の弾力性やハリに寄与しています。コラーゲンが不足してこの構造が維持できなくなると、表皮が陥没してシワや毛穴の広がりにつながります。ルスロ社の研究によると、1日5 gの型コラーゲンペプチド(Peptan®)を90日間摂取することで、シワの減少、毛穴の縮小といった効果がみられました。(2)

関節の炎症に関する有効性

 型コラーゲンペプチドは、軟骨に多く存在するコラーゲンペプチドです。加齢により型コラーゲンペプチドが減少すると軟骨が本来の機能を失い、関節症を発症することがあります。また、高強度の運動をするアスリートなどは、軟骨が摩耗するとケガやパフォーマンスの低下につながることがあります。Soniwalaらの研究によると、変形性関節症モデルマウスに型コラーゲンペプチドを3週間投与したところ、損傷した軟骨の面積の回復、炎症の抑制効果が見られました。(3)

まとめ

 アミノ酸スコアという指標は、たんぱく質の栄養価を考える上で重要な指標です。しかしそれは指標のひとつでしかなく、健康的な食生活を送るためには、多角的な視点から食事を考える必要があります。アミノ酸スコアが低いといわれるコラーゲンも、上に示したように様々な機能を有していました。そのような食品の機能や効能なども視野に入れて食品を選択することが重要です。
 弊社の取り扱うコラーゲンペプチドPeptan®は、まさにそのような科学的エビデンスを豊富に有しているだけでなく、風味良好で溶解性も良いため、食品や飲料、サプリメントに好適です。また、添加物や保存料不使用のクリーンラベル製品でもあります。コラーゲンを使用した製品開発をお考えの方は、一度Peptan®をご検討してみてください。

【参考文献】
(1) Clifford T. et al., “The effects of collagen peptides on muscle damage, inflammation and bone turnover following exercise: a randomized, controlled trial”, Amino Acid, 2019.
(2) Rousselot, 非公開研究.
(3) Soniwala S et al., “Oral Hydrolyzed Type 2 Collagen Protects Against the OA of Obesity and Mitigates Obese Gut Microbiome Dysbiosis.”, Poster Presentation at ORS 2018 and OARSI 2018.

食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

無料!

今注目を集めている食品トレンド情報や
食品開発に関する資料を
無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

今すぐダウンロード

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

アメリカの自然派食品スーパー大手「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」が、2022年の食品トレンド予測を発表しました。来年はどのような食品が流行るのでしょうか?

今アメリカではキノコがもつ抗酸化作用や免疫力を高める作用について注目が高まっています。海外で販売されている食用キノコおよび薬用キノコの加工食品をご紹介します。

海産魚由来のコラーゲンペプチドをSDGsの観点から解説します。

SDGsの観点から食肉消費を減らそうとする動きがある中、動物性素材のコラーゲンに求められるものとは…。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

    キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

    カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

    ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

    メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

    ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • コラーゲンとは~基礎から徹底解説

    コラーゲンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

    アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

    ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

    アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説

    寒天とは~基礎から徹底解説

  • グルコマンナンとは~基礎から徹底解説

    グルコマンナンとは~基礎から徹底解説