ロシアとウクライナの軍事衝突による「食」への影響①

このエントリーをはてなブックマークに追加

本コラムから2回に分けて、ロシアとウクライナの衝突による、世界の食品・飲料への影響についてご紹介します。特にロシア・ウクライナにおいて生産量の多い小麦・トウモロコシ・ひまわり油、肥料・アルミニウムに着目し、それら原料に起因する食品・飲料の価格や供給への影響、消費者意識の変化をまとめました。1回目は食品原料である小麦、トウモロコシ、ひまわり油をピックアップし、想定される影響を考察していきます。
(出典:MINTEL(フジ日本精糖調べ))

小麦

ロシアとウクライナは世界で流通する小麦の30%弱を生産しています。すでにアメリカにおける天候不順や、物流費・人件費の高騰による価格上昇に直面している小麦ですが、この度の軍事衝突により供給難に拍車がかかり、小麦の価格はさらに上昇すると見込まれています。この供給不足を見越してカナダの一部の地域では、この春の小麦の生産量を2~3%増やしています。しかし天候不順など供給に影響するその他の要因は排除しきれないのが実情であり、小麦の供給は引き続き不安定と予想されています。

供給不足による影響

この影響を最初に受けるのは、ロシア・ウクライナの小麦の最大輸入先であるエジプト、トルコ、バングラディシュ、ナイジェリア、イエメンです。これらの国ではパンの消費量が多く、小麦の供給難が危惧されています。これらのロシア・ウクライナの小麦輸出先以外の国(アメリカやカナダの輸出先など)においては、早急ではないものの、長期的には価格上昇は避けられないと予測されています。

トウモロコシ

穀類のメジャーサプライヤーであるウクライナは、トウモロコシでは世界の16%、大麦では18%を生産しています。ウクライナ産トウモロコシの主要輸出国であるエジプト、オランダ、スペインでは、他国より先んじて供給難に見舞われるでしょう。

他の食品への影響

トウモロコシは世界で販売されている食品・飲料の25%に何らかの形で原料として配合されています。トウモロコシが炭素源として使用されるアルコール飲料のほか、甘味料やでんぷん、コーン油などは多くの食品に使用されており、長期的には多くの食品の価格に影響が出ると予測されます。また、トウモロコシは畜産の飼料としても使用されることが多いため、食肉への影響も懸念されます。

燃料への影響

トウモロコシはエタノールの原料としても利用されることが多く、アメリカでは生産されたトウモロコシの半量がエタノールの原料となります。食に限らず多くの産業ではトウモロコシ由来のエタノールが使用されており、今後の供給難は避けられません。

ひまわり油

ウクライナは世界のひまわり油の約50%を生産している最大の輸出国で、ドイツやベルギー、フランスなどヨーロッパが主な輸出相手国です。ロシアも同様にひまわり油の生産国であり、ウクライナと併せると世界の約75%を生産しています。
世界の各地域で販売されている食品・飲料のうち、ひまわり油を使用している製品の割合を下に示しています。日本を含むアジアではその製品数は少ないものの、ヨーロッパではメジャーな食用油であることがわかります。

出典:MINTEL(フジ日本精糖調べ)

四大食用油への影響

ひまわり油、パーム油、大豆油、菜種油は四大食用油と呼ばれ、衝突によるひまわり油の供給難により、ほかの3つの食用油の価格が上昇すると見込まれています。
現状、インドネシアとマレーシアで主に生産されているパーム油はすでに生産国の人件費の高騰に見舞われており、大豆の生産国であるアルゼンチン、ブラジルは干ばつにより生産量が減少しています。また、菜種油の生産国であるカナダも同様に干ばつにより生産量が減少しています。このように食用油の供給はすでに不安定な状態であり、そこにロシア・ウクライナの衝突が重なり、さらなる影響が危惧されています。

まとめ

ロシア・ウクライナは穀類の生産量が多く、今回の衝突は間接的な要因も含めると数多くの食品・飲料に影響を及ぼすことがわかりました。次回の記事では、ロシア・ウクライナで生産量の多い非食品原料にフォーカスし、それらが世界の食に与える影響をお伝えします。

食品開発に関するお役立ち資料を無料進呈

無料!

今注目を集めている食品トレンド情報や
食品開発に関する資料を
無料でご提供しています。
是非この機会にご覧ください。

無料提供資料

今すぐダウンロード

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

前回から2回に分けて、ロシアとウクライナの衝突による、世界の食品・飲料への影響についてご紹介しています。

コメダ珈琲店のメニューをプラントベース(植物由来)にした喫茶店、『KOMEDA is □(コメダイズ)』さんを取材しました!

フランス発の話題のスイーツ『ベニエ』をご存知でしょうか。今回は奥沢で美味しいベニエを提供するOKUSAWA FACTORY Coffee & Bakesさんに取材してきました!

本コラムでは虫を使ったパンやビーツを使った真っ赤なパンなど、目新しい原料を用いたパンを紹介します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • ペクチンとは~徹底解説!構造や種類・ゲル化の仕組み

    ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • 白キクラゲ多糖~概要や効果・食品応用例など徹底解説

    白キクラゲ多糖の概要から効果まで徹底解説

  • 「とろとろ」「ぷるぷる」美味しさを引き出す ゲル化剤・増粘剤

    「とろとろ」「ぷるぷる」美味しさを引き出す ゲル化剤・増粘剤

  • アルギン酸とは~構造や製造工程、効果を徹底解説

    アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • アップサイクル食品とは?

    廃棄寸前食材を活用!サステナブルな社会の実現を目指す「アップサイクル食品」

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

    キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

    カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

    ガラクトマンナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

    メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

    ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • コラーゲンとは~基礎から徹底解説

    コラーゲンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

    アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

    ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

    アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説

    寒天とは~基礎から徹底解説

  • グルコマンナンとは~基礎から徹底解説

    グルコマンナンとは~基礎から徹底解説