朝食用シリアルの欧米トレンドと商品設計のヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型コロナウイルスの影響により、家庭での朝食の消費量が増加し、手軽に食べられる朝食として、シリアルの消費が復活しました。また、健康への意識が高まったことから、食生活を見直す消費者が増えてきており、朝食用シリアルにも栄養強化などの訴求が求められています。海外では低糖質や高たんぱく、高繊維などの訴求以外に、ナチュラルやオーガニック、サステナビリティなどを謳った製品が増えてきています。

より詳しい【お役立ち資料】はこちら!
【食品開発のネタ帳】朝食用シリアルの欧米トレンドと商品設計のヒント
https://shokulab.unitecfoods.co.jp/useful/detail27/

シリアル製品に求められる訴求点

 近年どの製品にも共通していることですが、シリアル製品でも“ナチュラル”“オーガニック”“未加工”などの言葉がパッケージに記載されることが増えました。特に加工の少ない製品は、サステナビリティにも優れるという印象を消費者に与えることができます。ヨーロッパでは添加物未使用を謳った製品がこの5年間で16%増加し、オーストラリアとニュージーランドでは2020年9月までの1年間に発売された朝食用シリアルの約82%は、ナチュラルさを特徴としていました。
 栄養素としては、低糖質・高たんぱく・高繊維などの訴求が人気で、イギリスの消費者は、45%が高食物繊維製品を好んで食べるというデータもあります。成分としてはプレバイオティクス素材、プロバイオティクス素材が多く配合されている傾向にあります。

【関連情報】
・Whole Foods Marketが2021年の食品トレンドTop10を発表
https://shokulab.unitecfoods.co.jp/article/detail94/
・新しい欧米トレンド -冷蔵スナックバー“Chilled Bar”-
https://shokulab.unitecfoods.co.jp/article/detail74/

低糖質トレンド

 健康のために糖質の摂取を控えている消費者は多く、アメリカ成人の47%が低糖もしくは無糖シリアルを好んで購入しています。シリアル大手メーカーのケロッグは子供向けに無糖シリアルを販売しました。このシリアルは植物や果物の濃縮ジュースもしくは粉末などで着色・甘味付けをしており、いちご、りんご、ニンジン、ブルーベリー、ビーツなどが使用されています。

 NestleのFitnessグラノーラシリーズからは、血糖値の上昇がゆるやかなパラチノースを配合した低GI商品が発売されています。また、その他の糖質源としては、同じく低GIの全粒オーツ麦が使用されています。

プレバイオティクスとプロバイオティクス

 新型コロナウイルスの影響により、人々は健康、特に免疫に強い関心をもつようになりました。消費者の需要に応えるために、シリアルメーカーはプレバイオティクス素材やプロバイオティクス素材などを配合することで、腸内環境の改善、ひいては免疫へアプローチする製品の開発をはじめています。

【関連情報】
・免疫力をサポートするサプリメントおよび加工食品(アメリカ)
https://shokulab.unitecfoods.co.jp/article/detail92/
・「ハイレジ」とは?~今注目の健康トレンド
https://shokulab.unitecfoods.co.jp/article/detail12/

温めて食べるシリアル

 温めた牛乳をかけたり、電子レンジで加熱するタイプの温めて食べるシリアルは、少しずつ市場に製品数を増やしています。特に近年は中国、イギリス、インドで数を増やしており、甘いものだけでなく、トムヤムクン味の辛いシリアルなど、ローカライズ化されたフレーバーのシリアルが発売されています。電子レンジ対応の容器を開発するなど、手軽さを追求したことで朝食以外の時間にも軽食として摂取することを促進されています。

 

より詳しい商品情報やマーケット情報はこちらからダウンロードしていただけます。
【食品開発のネタ帳】朝食用シリアルの欧米トレンドと商品設計のヒント
https://shokulab.unitecfoods.co.jp/useful/detail27/

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

ライ麦、全粒粉、低糖質といった健康志向のパンの「ボリューム」課題を解決する増粘多糖類をご紹介します。

アメリカの自然派食品スーパー大手「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」にて実際に販売されているトレンド食品をご紹介します。

消費者の考える“健康”とはなにか。ベーカリー製品にどのような付加価値が必要かをご紹介します!

次に日本で注目される東南アジア料理は何なのでしょうか。国ごとに様々な料理を調査しました。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説