オーストラリアの太陽を燦々と浴びて育ったグリーンバナナパウダー

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリア クイーンズランド州の自然豊かな環境で製造されるグリーンバナナパウダー。レジスタントスターチやグルテンフリーといったキーワードで世界的に注目を集める健康食品向け素材ですが、もともとはひとりのバナナ農家の熱い想いから生まれた素材です。開発元のNatural Evolution社よりグリーンバナナパウダーが生まれた背景ともにその参考レシピをご紹介します。

開発者が語る グリーンバナナパウダー誕生の秘密、野生動物が救ったフードロス問題

普段我々が食べている商業用のバナナは、未熟な状態(グリーンバナナ)で収穫され、黄色く熟してから店舗に並びます。スーパーマーケットの規格から外れたバナナや、過剰供給を防ぐため獲れ過ぎたバナナは毎週10-20トン廃棄されていました。
これまで、農園の隅に廃棄されたバナナは牛やワラビーなど、野生動物のエサとなっていましたが、ある朝、何気なく動物たちがバナナを食べている様子を見ていると熟した黄色いバナナより、未熟なグリーンバナナを好んで食べていることに気が付きました。しかも野生の動物たちは、光沢のある毛並みをしていて、健康状態が良いように見えます。

「動物たちは何か大事なことを教えてくれているのかもしれない」

早速調べてみると、グリーバナナの素晴らしさが分かりました。グルテンフリーで、レジスタントスターチ、食物繊維、5-HTP、カリウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンB…様々な栄養素を含んでいることが分かりました。特に、レディーフィンガー種は、市場によく出回っているキャベンディシュ種よりも、栄養が多く含まれていることを発見しました。我々は、オーストラリアの大学や研究者たちと協力して、グリーンバナナの有用性をこれからも研究していくとともに、持続可能な社会の達成に向けて取り組んでまいります。
(グリーンバナナパウダー開発製造元 Natural Evolution より)

バナナ農家の強い想いを叶えた独自製法”NutroLock”

高品質なグリーンバナナを世界に届けたい、Natural Evolution社は収穫したグリーンバナナを独自製法でパウダー化しました。熟す前のバナナは硬く、果肉部分を取り出す技術の開発に苦戦しましたが、苦難の末に自ら設計した独自の機械によって果肉部分のみをパウダー化した商品の製造に成功しました。
栄養(nutrition)をロック(lock)するこの製法は”NutroLock”と名付けられ、エジソン賞やUK Paleo AWARDS など数々の賞で認められました。

グリーンバナナパウダーを使用したレシピ

(1)プロテインブリスボール
ブリスボールとは、フルーツやナッツなどの自然素材を原料に作られるボール状のスイーツです。オーストラリアでは定番のスイーツで、コーヒータイムのお供として、運動前後の「エナジーボール」としても親しまれています。材料を混ぜるだけのお手軽調理で、ヘルシーなスイーツです。

《材料》
グリーンバナナパウダー 1/3カップ
お好みのプロテインパウダー 1/3カップ
ドライデーツ 12
ココナッツパウダー 1/2カップ
ココアパウダー 1/3カップ
ココナッツオイル 1/3 カップ
ピーナッツバター 1/3カップ
ブラウンテフグレイン 大さじ1
甘味料(アガベシロップなど) 大さじ2
お好きなトッピング  適量

《作り方》
1.ミキサーでトッピング以外の全ての材料を混ぜます。
2.球形に丸めて、お好みでトッピングをまぶします。

(2)グリーンバナナカレー
エスニック料理によく使われるグリーンバナナはカレーにぴったり。甘くないからこそ料理にも使えます。グリーンバナナパウダーは加熱することで粘度がでるため、小麦粉を使用せず、グルテンフリーのカレーを作ることができます。

《材料》
お好みのカレー粉(スパイス)  6g
顆粒コンソメ 20g
グリーンバナナパウダー 60g
水 700ml
オリーブオイル 30g

《作り方》
1.油にカレー粉とバナナマッシュを入れて炒める
2.コンソメと水を混ぜてコンソメスープを作る
3.徐々にコンソメスープを加えながら混ぜる
4.とろみがつき煮詰まったら完成
 

ハイドロコロイドの基礎

無料ダウンロード!

~ペクチン・カラギナンなど徹底解説~

ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、
カラギナンなど
ハイドロコロイドに
ついて徹底解説。
ハイドロコロイドの概要から、
各種の特徴を全75ページにわたって
徹底に解説しています。
是非ご覧ください。

資料内容

  • ハイドロコロイドの概要 
    ~分類、由来原料、産地
  • ハイドロコロイド各論
    (ペクチン、ゼラチン、キサンタンガム、カラギナン、グァーガムなど)
  • 相乗効果、応用例 
    ~他の多糖類との併用
ダウンロードはこちら
ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

ペクチンの概要と種類、物性改良剤としての機能や使い方のコツについて解説します。

コラーゲンのアミノ酸スコアはゼロ?!本コラムでは、食品中のたんぱく質の栄養価を示す指標「アミノ酸スコア」を解説します。併せてコラーゲンを摂取することのメリットについて深堀りしていきます。

コラーゲンの基礎知識

コラーゲンの人体での役割や由来原料、ゼラチンとの違い、特殊なアミノ酸配列、機能まで広く解説します。

食の世界一周!「Foodex 2019」に行ってきました! ~アジア・ヨーロッパ編~

3月9日~12日まで開催されたアジア最大級の国際食品・飲料展「FOODEX 2021」注目商品をまとめました!

飲料向けペクチンによる嫌味のマスキング効果や不溶解成分の沈殿抑制・再分散性効果について、データとともに紹介します。

食品開発ラボ 運営会社のご紹介

食品の企画・開発に関わる人のための専門メディア「食品開発ラボ」は、ユニテックフーズ株式会社が運営しています。
当社では創業以来独自の素材・製品で新しい食品の価値を創造することをコンセプトに、ペクチンをはじめとするハイドロコロイドの研究や素材を組み合わせたこれまでにない特性を持つ製品の開発、加えてお客様のご要望に応じた当社製品を実際の食品に用いた利用・応用技術の開発を行っています。
商品企画・開発において何かお困りごとがあれば、きっと当社がお役に立てると思います。
是非お気軽にお問い合わせください。

サイト内検索

人気記事ランキング

  • 1ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

    ペクチンとは?~概要と種類を徹底解説

  • 2白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

    白キクラゲ多糖体の概要から効果まで徹底解説

  • 3調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

    調味料の物性を創る~増粘多糖類の機能と使い方

  • 4介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

    介護食開発のためのハイドロコロイドの活用

  • 5食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

    食品開発の切り口~テクスチャーで新規マーケットを創造

基礎知識特集

  • ペクチンとは~概要と種類を徹底解説

  • キサンタンガムとは~基礎から徹底解説

  • カラギナンとは~基礎から徹底解説

  • メチルセルロース・HPMCとは~基礎から徹底解説

  • ゼラチンとは~基礎から徹底解説

  • コラーゲンの基礎知識

    コラーゲンとは~基礎から徹底解説

  • アラビアガムとは~基礎から徹底解説

  • ジェランガムとは~基礎から徹底解説

  • アルギン酸、アルギン酸類とは~基礎から徹底解説

  • 寒天とは~基礎から徹底解説